博報堂ブランドデザイン「あなたイズム」を読んだ雑感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週末に
博報堂ブランドデザイン・著の
あなたイズム ムリなく、自分らしく、でも会社に愛される働き方
を読みました。
今日は月曜日、会社や仕事が嫌な方のために
この書籍を紹介しましょう。

博報堂ブランドデザイン・著の
あなたイズム ムリなく、自分らしく、でも会社に愛される働き方
には冒頭から驚く数字が紹介されています。

『社会人の3人にひとりが「仕事がつまらない」と思っている』
そうです。
これは個人にも会社にも、ひいては国家にも損失ですね。

ソーシャルおじさんは仕事や会社が楽しくてしょうがないので
この3人にひとりがどうすればよくなるかという
この博報堂ブランドデザイン・著の
あなたイズム ムリなく、自分らしく、でも会社に愛される働き方 」のアドバイスには納得しました。

仕事がつまらないと感じる理由は
その人の「持ち味」が活かされていないことが多いといいます。
「持ち味」というのは仕事で好きなことをやれていることと
スキルが仕事にフィットして、
うまく仕事が回っていることで生じるようです。
また個人の「持ち味」だけではなく
組織・会社との接点もポイントになります。

組織や会社のらしさと個人の「持ち味」が重なる部分を
この書籍では「イズム」と表現していますが
この「イズム」を探すことで仕事は楽しくなるというものです。

ソーシャルおじさんが仕事が楽しい理由を「イズム」で考えてみました。
1、広告とソーシャルメディアが好き!好きなことをやっている。

2、広告にソーシャルメディアコミュニケーションを取り入れることを自分の仕事と定義し、行動した。

3、自分の「持ち味」をソーシャルメディアで発信している。共感してくれる方が日々増えている。

4、会社(アドツープラド クローク)がベンチャーマインド、チャレンジングスピリットを持って、ソーシャルおじさんをポジティブに行動させてくれるおかげです。会社に感謝しています!

自分の「持ち味」を発揮させてくれる会社で
好きなことをやるというのが
仕事を面白くさせる秘訣かもしれません。
Googleの20%ルールなどもこの考えに基づいています。)

しかし、自分の「持ち味」が見つからないという人は、
実際多いですよね。
ソーシャルおじさんも時々わからなくなることがあります。
そんなときにはソーシャルメディアで
コメントやアクションしてみればいいと思っています。
仕事やビジネス関連のコメントをまずはしてみる。
コメント返しや
「いいね!」が押されたら
自分のコメントが役に立っていると
勝手に思って、情報発信を続けるだけです。
「いいね!」が多いジャンルが自分の良さや持ち味だと
自分の中で決めてしまうのです。
知人や友人の反応がすぐわかるソーシャルメディアを使えば
自分の「持ち味」がチェックできる好い時代です。
そういった意味でも
ソーシャルメディアは仕事を
より楽しくさせてくれるツールかも知れません。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る