エアーのWifiとソーシャルメディア活用 位置情報サービスが面白くなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日1月22日のブログにも書きましたが、海外ではエアーでのWi-fi利用が
当たり前になってきています。

日本でもJALがこの夏から国際線での無線LANサービスのスタートを発表しています。
これにより、飛行機内でのソーシャルメディア利用も爆発的に増加していきます。
航空会社は当然ですが、観光業や小売業でもソーシャルメディアの利用の優劣で
売り上げが左右される時代が来るかもしれませんね。
ロケーションサービスで飛行機の座席までチェックインすれば、長距離の移動の間に
ソーシャルメディアでの交流が始まるかもしれません。
飛行機内でのWiーfi利用でソーシャルメディアでのセレンディピティーな出会いが
新たに、デザインできるかもしれません。
また、飲食、小売り、観光業の方には顧客獲得のチャンスですね。
機内でソーシャルメディアを利用しているユーザーに
アクティブなコミュニケーションを行う事で
旅行中の立寄や自社店舗の利用促進などが図れるかもしれません。

最近、中国のソーシャルメディアの新浪微博(シナウェイボー)
日本の旅行業界が企業が利用し始めているのですが
そのJALANAなどの日本の航空会社が面白い取り組みを開始していますので
今日は少しご紹介してみます。
なぜ、新浪微博(シナウェイボー)を利用するのか?を簡単に整理すると
■中国のインターネット人口5億3000万人のうちのほぼ半数が
新浪微博(シナウェイボー)を利用。
■モバイルでの新浪微博(シナウェイボー)へのアクセスが多い
■日本へのインバウンド施策としての利用が考えられます。

実は、昨年9月、JALはファンマキコミ型のキャンペーンを
新浪微博(シナウェイボー)で実施してファンを5万人以上に拡大しました。
2012年の無線LANサービスを控えてキャンペーンを行いました。
この無線LANサービスの告知を新浪微博(シナウェイボー)で3名以上の友人に転送すれば
アバクロの2000元(1万4千円位)相当のコートが抽選で当たると言うものです。

他には資生堂とのタイアップで、朝早いなどの比較的乗客の少ない便を予約して
指定の資生堂の店舗に行くと3000円相当のサンプルセットがもらえるという
キャンペーンも実施しました。

JALにとっては不人気便の搭乗率向上
資生堂にとっては来店促進と他チェーンへの来店阻止が狙えるWin-Win型のタイアップです。
新浪微博(シナウェイボー)の企業同士の転記機能を上手に使ったキャンペーンです。
※尚、このキャンペーン情報は友人の高橋学さんからシェアいただきました。
高橋さん、いつもありがとうございます。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る