恐怖心の克服の仕方。 #デールカーネギー #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

恐怖心を取り除く方法を先日のブログで書かせていただきました。
「できるし、やる」という言葉をアフォメーションにし
アクションを起こせば良いというウィリアム・アトキンソンの考え方を
ご紹介させていただきました。

その後、ほかの多くの先人たちの名言が気になり
ちょっといろいろ調べてみたのですが
やはり勇気を持って、行動することがキーになると感じた次第です。

勇気とは、恐怖に対する抵抗であり、恐怖を克服することだ。ただし、恐怖を忘れてしまうことではない。 (マーク・トウェイン)

行動を起こすだけでなく、やり続ける事が大事だとデール・カーネギーは言っています。

度胸がほしければ、恐ろしくて手が出ないことに挑んでみることだ。これを欠かさずやり続けて成功の実績を作るのだ。これが恐怖心を克服するための、最も迅速でしかも確実な方法である。(デール・カーネギー)

確かにアクションを続けていれば、恐怖心を感じる暇はありません。

また、カーネギーは事前に計画を作り
その通りにアクションを起こすことをレコメンドしています。
集中すれば、脳は恐怖心などを頭から追い出してくれるというわけです。

恐怖心を克服するには、どんな手順で行動するか前もって計画し、その通りにすればよい。わき眼もふらずに仕事に打ち込めば、恐怖心など忘れてしまう。

また、アクションし、集中することで、恐怖心を消せるなら
恐怖心を無視することは簡単なことに思えてきます。
自分の頭の中から恐怖心を追い出すために、ただアクションを起こすだけなのです。
不安を感じたら、まずは一歩前に進んでみれば良いのです。

恐怖心は、暴れん坊だが同時に臆病者である。恐怖心を克服するには、その存在を無視すればよい。あなたにはできるはずだ。(デール・カーネギー)

厳しい現実があればあるほど、課題を解決するチャンスなのです。
自分はだめな存在と思わずに、そんなときこそプランを書き出し
勇気を振り絞って、チャレンジすべきなのです。

もし、そこで課題を解決できれば、自信にもなりますし
チャレンジすることが当たり前になり、それを習慣化できるようになるのです。

ここまで書いていて
「どんな困難も永遠に続くことはない。」という
アンソニー・ロビンズの言葉を思い出しました。
チャレンジしていれば、例え、失敗しても怖くなくなりますね。

こういった恐怖心の克服の仕方を勉強していると
自分の中で恐怖心をいつの間にか追い出せるようになります。
以前の私に比べると、はるかに私は恐怖心を捨て去ることができるようになりました。
読書というインプットとそれをブログに書いて整理することで
克服の仕方が脳に刷り込まれているのです。
 
アウトプットの恐怖心を和らげるためには、書籍話し方入門が良いかもしれません。
人前で話すことが怖いなど、アウトプットで悩んでいる人にはお薦めです。
デール・カーネギーは古典の部類に入りますが
人生についていろいろなことを教えてくれますから
時々読み返すと気づきをもらえてよいのです。
  
PHOTO CTEDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る