ワクワクすると良い出会いが引き寄せられてくる! 人生に奇跡を起こすバシャール名言集の書評 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本当の自分とは自分が一番ワクワクすることを毎瞬毎瞬行動する自分です。 バシャール

この数日、落ち込むことがあったのですが
自分の中で決着をつけ、普段の生活を取り戻す努力を始めました。
やはりワクワクしないと、元の生活には戻れないと思い
再び、アクションを始めて見ようと思った次第です。

嫌なことを考え始めると心が不安になり、行動が億劫になるので
まずこのマインドを捨て去ることにしました。
やらなければいけないことをタスクに書き出し一つ一つつぶすことを決め
昨日の午後から、一気にアクションをスタートしました。

タスクを書き出し、自分の中でやる意味を見つけ、視点を変えることで
ネガティブに捉えていたことも、ポジティブに見えてくるのです。
人間の脳は本当に不思議です。
嫌な感情を追い出すためには、アクションこそが最高の解決策なのです。

実は、昨日もバシャールのこの言葉を思いだしたから、なんとか行動に移せたのです。

どんなことでも、ポジティブな意味づけをすれば、そこからポジティブな影響を受け取ることができます。 

嫌なことでも行動を起こせば、そこから変化が生まれてきます。
アクションを起こすことで、人からアドバイスをもらえたり
予期していなかったサポートを受けられるのです。

昨日も嫌だと思っていたことに手を付けた途端に
専門家への質問が効果がありそうだと思いました。
そして、何人かへ電話を掛けることによって
そのうちの一人から、よいアドバイスをもらえ
あっという間に悩んでいた問題を解決できたのです。

最近、こういう引き寄せが続いているので
悩んでいる時間が本当に無駄に思えるようになりました。

『嫌な気持ちになったら、すぐにアクションを起こすこと!』
これを自分の中でルールにすればよいと思い始めています。

アクションを起こすことで、ポジティブな現実が作られていくと
バシャールは次のように言っています。

自分が一番ワクワクすることをする自信がないとき、自信があろうがなかろうがとにかく行動してみることです。行動を起こすことによってポジティブな現実がつくられ、自信がつき、未来が開けてきます。

確かに、ワクワクすることで、いろいろなことが楽しくなってきます。
読書でワクワク出来れば、類書を探したり、勉強会に参加する気が起きてきます。
ワクワクすることが、新たな知識やネットワークを運んできてくれるのです。

課題を解決したければ、質問をすると良いと先日のブログにも書きましたが
バシャールはそれを以下のように整理しています。

自分が一番ワクワクする道をたどっていくとき、それに必要な物や知識、人を引きつけることができます。秘訣は、毎瞬毎瞬、自分のできる範囲内で一番ワクワクすることを行動に移すことです。

ワクワクしながらアクションを起こすことで
いろいろな人や知識を引き寄せるようになれるのです。
無駄な時間を過ごすのをやめて、ワクワクする時間を増やしたくなりました。

ワクワクを起こしたい方におすすめの一冊が
この人生に奇跡を起こすバシャール名言集です。 
私をネガティブからポジティブに変えてくれた一冊です。
ぜひ、ご一読ください。
     
PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る