エミール・クーエに学ぶ、脳をコントロールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

エミール・クーエをご存知でしょうか?
彼は最も有名な薬剤師の一人で、自己暗示の可能性を広げた人物です。
暗示で心と体を癒しなさい!などを著し
自己啓発作家のノーマン・ヴィンセント・ピールなどに
多大な影響を及ぼしました。
スクリーンショット 2015-01-23 7.11.23

クーエはクエイズムとも呼ばれる自己暗示法の創始者で
当時は大病であったリウマチ、結核、そして癌患者までを
シンプルな暗示一つで治していったのです。

クーエの考えた患者が自分で治せる精神療法
とても簡単でこれを習慣化すれば、効果が現れます。
朝目覚めたときと就寝前に「簡単にできる」など
ポジティブな言葉を発するだけでよいのです。

「日々、あらゆる面で、私はますます良くなってゆく」という言葉を、毎日自分に言い聞かせていれば、本当にあらゆることが良くなっていく。

フランスのエミール・クーエはただの薬剤師でしたが
この精神療法を見つけたことで、歴史に名前を残しました。
期限が切れた薬を渡した患者が、病気を治したという事実から
自己暗示の法則を見つけていくのです。
期限切れの薬を服用しても病気が治るのは
薬が効果があるという思い込みからなのだとクーエは考えるようになります。

そして、「日々、あらゆる面で、私はますます良くなってゆく」という言葉を
毎日 数十回、繰り返す治療法を多くの患者に試していきます。
実際に、この暗示だけでさまざまな病気が治っていったそうです。
正に、病は気からなのです。
病気が治ると決めて、日々それを繰り返すことで
大病までもが治るのなら、これを応用することで
人生の可能性は広がるはずです。

昨日のブログにも書きましたが、言葉や思考法を変えることで
世の中の見える景色は激変します。
思い込みを変えるだけで、病気だけでなく、自分の未来も変えられるのです。
まずは、今日からあネガティブな言葉を使うのはやめましょう。

「むずかしい」「私にはできない」という言葉を、あなたの語彙から消しなさい。

また、クーエは困難だと思われることも考えを変えることで、達成可能だと以下の様に言っています。

人間のできることなら何だってできるという気になれば、たとえどんな困難にあっても、いつかは必ず目標を達成できる。これと反対に、ごく単純な事柄でさえ、自分にはとても無理だと思い込めば、たかだかモグラの積み上げた土くれに過ぎぬものが、目もくらむような高山に見える。

まずは、クーエの自己暗示をモデリングしてみましょう!
「毎日毎日、あらゆる面で、私はどんどん良くなっている!」と朝晩つぶやいていましょう。
最近、私は、朝起きた時にこの言葉を鏡の前で言うようにしています。

クーエに影響を受けたノーマン・ビンセント・ピールの言葉を最後に紹介します。
思考法を変えることで、世界は本当にポジティブにできるのです。

自分の考え方を変えなさい。そうすれば世界が変わる。(ノーマン・ビンセント・ピール)

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
  
photo credit: sylvar via photopin cc

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る