「よし、朝だ!」というのか?「あーあ、朝か」というのか?も、結局は自分の選択です。

「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か」というのも、あなたの考え方次第だ。(ウエイン・W・ダイアー)

スクリーンショット 2015-10-26 10.39.29
月曜日の朝は、早起きをしたいものです。
そんな時に、ウエイン・W・ダイアーの言葉を思い出すと
目覚まし代わりになり、すっきり起きられます。
よし、今日も楽しくワクワクに過ごそうと思えれば、朝が辛くなくなります。
朝早く起きるのも、遅くまで眠るのも
結局は自分の選択(考え方)なのです、

今朝は、いつもより少し早めにうちを出て
近所の氏神さんにいつもより長めのご挨拶をしてきました。
日々の習慣でお参りをしているのですが
いつもよりゆっくりとした時間をここで過ごしました。
いつの間にか境内の銀杏も色づき、秋が深まっているのを実感しました。
朝の神社で、自然を感じながら
大きく深呼吸をすると、気分が落ち着きます。
最近少し、忙しかったために、朝が慌ただしかったのですが
今朝は、いつもより早起きすることで、時間を有意義に過ごせました。

多くの人生の達人が、朝の過ごし方を教えてくれていますが
朝を味方につけることを、私たち絶えず意識していないと
安易な方向に流されてしまいます。

朝は3分早く起きて新聞を読み、コーヒーを楽しみ、余裕をもって会社の門をくぐりたまえ。朝をベストコンディションにしておくことで、長い人生ずいぶん違いが出てくる。(大渡順二)

ほんの5分早起きすることで、朝の時間に余裕が生まれます。
小さな時間をバカにせず、行動することで、人生に良い影響を及ぼしてくれるのです。
夜更かしをやめて、早起きする方がはるかに効果があります。
12時前に寝て、早起きを習慣化することで、朝時間を楽しめるようになります。
朝は、誰にも邪魔されませんから、集中できフロー状態をつくれます。
私は、感謝日記、ブログ、読書、朝の散歩を習慣にしています。
朝から、インプット&アウトプット、軽い運動を心がけることで
脳をアクティブに始動できるようになりました。

出勤前の2時間を充実させることで、一日を有意義にできるのです。
以前の私は二日酔いに苦しみ、テレビを見ながらダラダラ過ごしていましたが
朝の時間の過ごし方を変えることを、多くの著者から学び、行動に移しました。
アウトプットのための時間を作れるようになったのです。

朝の出だしをポジティブに始めれば、一日をポジティブな気分で過ごせる。反対にネガティブな思いで始めてしまうと、何もかもマイナスモードに入ってしまう。(斎藤茂太)

朝をポジティブにするのも、ネガティブにするのも自分自身です。
ネットサーフィンやTVを見るなどの夜更かしをやめて
早起きを習慣化してみましょう。
朝をポジティブに過ごす選択をした方が、人生をよりよくできるはずです。

特に、月曜の朝イチを良い気分で過ごせれば、その一週間をよりよくできるはずです。
もしも、今朝寝坊していたなら、明日は早起きしてみましょう。
この心がけによって、今週の気分を良くできるはずです。
今日のブログは、最近の自戒をこめて書いています。
少しでも早起きをして、朝時間を大事にしていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  

photo credit: Meta W2 JJ Bean – 1229200916287 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る