• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある。(ニーチェ)

スクリーンショット 2016-08-28 17.22.25
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
年を重ねると、時間が最も大切な資源であることがわかります。
より良い時間を過ごすことで、私たちは残りの人生をより豊かにできるのです。
ブライアン・トレーシー大切なことだけやりなさいの中に
自分の時間をよりよくするためのヒントが書かれていました。

ブライアン・トレーシーはテレビを見る時間を減らすとよいと以下のように言っています。

テレビをつけた瞬間に、すべてのコミユ二ケーションはストップしてしまう。テレビを消しておく習慣を身につけるだけで、あなたの生活をすばらしく改善させられる。仕事や人生で成功した多くの人が、家からテレビをなくしてしまったり、別の部屋に移動させたりしている。その結果、彼らは生活を大きく改善し、成功を手に入れたのだ。(ブライアン・トレーシー)

朝起きたり、夜帰宅したときにテレビをつける習慣を見直してみるのです。
テレビは受動的なメディアで、自分の行動をしばります。
(当然、ネット動画にも注意が必要です。)
テレビを見ているとあっという間に時間が過ぎ去り、未来のための投資ができなくなります。
自分のためにテレビを消して、読書をしたり、瞑想してみましょう!

毎日の暮らしのなかに静かに過ごす時間をもうけると自分を変えられます。
心をリラックスさせることで、頭をスッキリできるのです。
静かな環境に身を置くことで、自分との対話ができるようになります。

毎日30分から60分の時間をとって、ひとりで静かに座り、リラックスしよう。深呼吸して心を軽くし、自由に考えを巡らせよう。毎日孤独になる時間をもうけるようになると、生活のさまざまなところが改善されることに驚くだろう。孤独になる時間には、仕事やプライベートの方向性をすっかり変えてしまうような深淵で力強いアイデアが思い浮かぶことも少なくない。ともかく一日に何度か孤独になる時間をつくってみてほしい。必ず変化があるはずだ。

テレビだけでなく、iPhoneなどのデバイスに私たちは時間を支配されています。
自分の人生を生きるためには、情報から距離をおくことが大切です。
私たちの脳は、必要以上に情報を取り込むことで、疲れ果てています。
自分の脳を活性化するためにも、瞑想の時間を確保するとよいでしょう。
瞑想によってセロトニンが分泌し、幸せな時間を過ごせます。
テレビを見ない、瞑想の時間を確保することで、私たちは人生の質を高められるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: Mikkyo Zen lecture via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る