夢を実現するための階段を作ろう!

習慣化

10年後に「あの時、チャレンジしておけば良かった」と思うかもしれないと思ったら、今がその時。無謀だと思えてもいいから、ワクワクする大きなビジョンを描きましょう!(コボリジュンコ)

スクリーンショット 2016-08-29 5.44.08
PDFA習慣術の徳本昌大です。
目の前に大きな壁が現れると以前の私はすぐに逃げ出してしまい
夢を叶えることができませんでした。
ついついお酒を優先してしまい、先延ばしにすることも多く
結果を出せずに、いつも悲しい思いをしていました。
自分の人生はこのまま終わってしまうのか?という思いが、私の行動を変え始めました。
体調が悪くなった時に、思い切って断酒をすることにしたのです。
44歳の時の遅い決断でしたが
当時の私が変わると決断したおかげで、今の自分を生み出せたのです。

10年前に断酒を決め、本を書くという夢にチャレンジしたことが
私の人生を素晴らしいものに変えてくれたのです。
出版の夢を語ったら、多くの人に笑われましたが
人の批判を気にせずに、無謀な夢に向かったことが私の勝因だったのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

林修の仕事原論 [ 林修 ]
価格:1382円(税込、送料無料) (2016/8/23時点)

ジャンプして届かないことはあるけれど、階段を作っていけば届く。(土井英司)

出版したいという夢は、10年前の私にはジャンプしても届かないものでした。
はるか遠くの夢を実現するために、私は階段を作ることにしたのです。
編集者や著者との出会いをデザインし、彼らからアドバイスをもらうことで
出版を身近なものに捉えることができ、行動が怖くなくなりました。
自分の書きたいことをソーシャルメディアで情報発信したり
著者の皆さんから人を紹介してもらっているうちに
私の人脈ネットワークはどんどん拡大し、ついには本を出版できたのです。

今の自分のレベルを考えると、どんなに頑張ってジャンプしても届きそうにありません。でも諦める必要なんてないんですよね。 ジャンプでダメなら、階段を作って一段ずつ登っていけばいいんですから。(コボリジュンコ)

大きな夢を作ったら、自分のための階段を作ればよいのです。
今の自分のレベルは気にしないことです。
階段を作っていると、誰かが階段作りを手伝ってくれたり
いろいろな情報を持ってきてくれるようになります。
夢は周りの人に伝染し、やがては、応援団が結成され、実現していくものなのです。


手帳カウンセラーのコボリジュンコさんが
そのためのツールの逆算手帳 GYAKUSAN plannerを開発しました。
私もマーケティングのお手伝いをしていますが
この手帳を使えば、夢実現のための階段作りが楽になります。
手帳に夢を書き込むことで、頭がアクティブに動き始め
アイデアが生まれたり、行動できるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
コボリジュンコさんの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。 

      
     

photo credit: Stairway to Heaven via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント