アジアのFacebookの7月の推定ユーザー数 日本は385万人 普及率はわずか3%。

ブログ

セレージャテクノロジーから7月のアジアでの
Facebookの推定ユーザー数が一7月15日に発表になっています。
注目の日本は6月の360万人から
7月は6.5%増加して385万人になりました。
アジアではインドネシア、インド、フィリピンと続き
日本は国別のランクで10位になっています。

対人口割合で考えると日本のFacebookの普及率は
わずか3%なのですね。
インドネシアの17%、フィリピンの22.7%
アメリカの50%程度と比較するとちょっと淋しいですね。

しかし、私の周りの方々はほとんど
Facebookでコミュニケーションをとっています。
3%の人が私の周りに集まっているのか?
あるいは、私がFacebookユーザーの方としか
コミュニケーションしていないのか?
どちらなのでしょう?
ちょっと不思議な感覚に陥りました。

昨日、オルタナブログに書いたのですが
中国の新浪微博というサービスは
ユーザー数がなんと1億4千万人!
中国とビジネスをしている日本企業にとっては
今後、新浪での情報発信も考える必要があるのではと書きましたが
東南アジアのインドネシア タイ フィリピン 
マレーシア シンガポールなどのユーザー数を見ていると
東南アジア向けの
Facebookでのコミュニケーションも
重要になってきそうです。
ソーシャルメディア時代には国境がないのと
世代、年代、関心領域、デバイスごとに
リーチできるメディアも変わります。
日本国内だけではなく、世界中でソーシャルメディアが
日々成長している時代。
海外展開している日本企業も
日本主導のマーケティングではなく、
進出先にマーコムの権限委譲を進めて現地化していかないと
コミュニケーション設計も
できない時代になっていくのかもしれません。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

Loading Facebook Comments ...

コメント