書籍「スマートフォン戦争」でAppleの戦略を復習する。

ブログ

マイコミ新書の「スマートフォン戦争
出版コンサルタントの藤田大輔さんから献本いただいた。
商売柄とても気になるテーマなので、早速読んでみました。

まず、感じたのは著者福多利夫氏の日本のケータイへの愛情です。
著書の中で書かれていますが、この15年の日本のケータイの変遷を読んでいると
自分のビジネスマンの人生にもリンクして、なかなか感慨深いモノがありました。
そして時代はクラウド全盛、iPhoneとAndroidの戦争が日々繰り広げられています。
実際、Appleとサムスンの訴訟合戦は激しさを増しています。

実はこの「スマートフォン戦争 」は
マーケティング本と入門書としても読めます。
マーケティング担当の方にはあたりまえの話かもしれませんが
垂直統合ビジネスをiPhoneで説明し
Androidは水平分業という内容はマーケティング初心者の方にも
分かりやすいのではないでしょうか?

また、AppleファンをiTunesで獲得するくだりは
自分も全くこの戦略で熱狂的ユーザーになったので
読みながら思わず笑ってしまいました。
以下「なぜアップルはスマートフォン市場に参入したか?」のチャプターから引用
「アイチューンズはフリーソフトであり、
ウィンドウズパソコンでも使用できます。
ですから、アイチューンズをシステムの中心に据えても
アイチューンズが普及するだけで、
直接的にはマックのシェアが増えるとは限りません。
しかし。アイチューンズを使いこなすうちに、
自然とアイチューンズユーザーは、
マックへの親和性が高められのです。」 

この戦略が成功して、AppleのPCでのシェアは高まり
いまではAppleは時価総額世界一の会社として君臨しています。

今後ケータイ=スマホという時代が日本にも来ます。
その未来像に関しての著者の予測や希望もケータイ愛に包まれています。
詳細は「スマートフォン戦争 をご一読ください。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

Loading Facebook Comments ...

コメント