小説の映画化はどうなんでしょうか?期待しないで楽しみます。映画のぼうの城

iPad miniが届いたので、何冊かの書籍をダウンロードして
週末は読書をエンジョイしました。
話題映画の原作のぼうの城もKindleで再読したのですが
和田竜のクールな文体の原作はやはり面白いですね!

埼玉県行田のこの小説の舞台となった忍城があるのですが
「忍の浮き城」として有名になったこの城も今はなく
城趾が公園になっている田園地域になっています。
小説が発表される前から忍城の話は知ってはいたのですが
のぼうの城を読まなければ、成田長親の活躍も知らなかったはずです。
この小説のおかげで、魅力的な男を知ることができハッピーです。

今回、Kindleストアでのぼうの城がリリースされたので
再読し始めたのですが、この小説はやはり面白いですね。
登場人物に個性があり、欠点だらけの男たちが活躍していく和田竜の描写は
味があり、読み始めると止まらなくなります。
特にiPad miniやiPhoneなどどのデバイスでも、読んだところから
すぐに読み始められるのはとても便利ですね。

そののぼうの城が映画化されて、週末から上映されています。

主人公の成田長親(でくのぼうを揶揄した「のぼう様」)には
野村萬斎が主演していて話題になっています。
予告編を見たのですがちょっとお笑いも入っているようですね。
有名な水攻めのストーリーがどう描かれているのかが楽しみですが
良い小説の映画にはあまり期待してはいけないの鉄則があります。
映画は別物と考え、気楽に軽い感じで見に行きたいと思います。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。(10月29日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  

Loading Facebook Comments ...

コメント