アプリで自分を奮い立たせる方法。余命電卓を使えば、時間を意識せざるを得なくなる。#習慣化 #iPhone

ブログ

死だけが唯一の本当の締め切りである。 生きている限り、学ぶべき事が未だある。
エレン・スー・スターン

作家のエレン・スー・スターンの言うように
生きている限り学ぶべきことは、たくさんあります。
学びを止めてしまうと人間は成長できません。
しかし、学びは億劫で、明日やればいいやという言う訳が頭に浮かびます。

死という現実は誰にも共通して訪れる人生のゴールです。
やがては、明日やればいいという言い訳は言えなくなる日がくるのです。
カラダの調子が悪くなれば、海外旅行に出かける事も叶わなくなりますし
目が劣れれば、読書も難しくなります。
明日は確約された未来ではないのです。

51歳になった私の場合、どんどん時間の進行スピードが早くなっています。
恐ろしいことに、毎年毎年、体感時間が早くなっているのです。
やりたいことは日増しに増えているので、効率的に時間を使いたいですし
無駄なことはやらないようにしたいですね。
あとは時間が有効資源であることを認識してサボりグセは、捨てたいと思います。

 そんなときに使いたいのがiPhoneアプリの余命電卓

余命電卓は、自分の生年月日より残り寿命を推定し
さまざまな単位で残り時間を表示してくれるアプリです。

私の場合は日本人男性の平均寿命の77歳から残りの時間がカウントされています。
年・日・秒などでの表示はもちろんなのですが
「あと何回食事を食べられるか?」といった表示も可能となっています。

ショックだったのは、私の人生が一万日を切っていること。
今日を含めてなんと9740日になっています。

この現実を見るだけで先延ばしする気持ちを捨てたくなりました。

そして、食事はあと29220回になっています。
一食一食、感謝の気持ちを込めて、いただこうと思います。
みなさんとの食事も貴重な一回ですから、ぜひソーシャルランチをご一緒しましょう!
余命電卓を時々チェックすることで、自分を奮い立たせそうです。
時間をチェックできるアプリとしてはカウントダウンカレンダーもお薦めです。

余命電卓  開発: Shuichi Tsutsum  価格: 無料

私の電子書書籍ビジネスに差が付く iPhoneアプリ仕事術(インプレス)には
iPhoneでビジネスを変えるアプリをたくさん紹介しています。
ぜひ、ご一読ください。

Photo Credit

Loading Facebook Comments ...

コメント