ジョー・ヴィターレに教わる恐怖を克服する方法  奇跡を起こす目覚めのレッスンの書評

ブログ

「恐怖に立ち向かうことが非常に重要なのです。
恐怖の裏側には宝が隠されいるのですから。」
ジョー・ヴィターレ奇跡を起こす目覚めのレッスンで書いています。

ジョー・ヴィターレはあらゆる状況には終わりがあり
本人の意識を変えれば、未来は変化すると言います。

あらゆる状況には終わりがある。 今のあなたの置かれている状況は一時的なものである、ということに気づいてください。すべては、現在という一時のなかだけで起こっていることにすぎません。一時的なことは必ず変化していきます。今の現実は変わっていくのです。 


また、難しい問題は自分の可能性を拡げてくれるチャンスなのだとも言っています。
いわゆるピンチャンですね。(ピンチはチャンス!)

今、あなたが難しい問題を抱えているのは、自らの内面を見つめ、問題の原因に気づき、すばらしい解決策を発見し、あらゆることを乗り越えて、よりよい世界、よりよい場所、よりよい人生をつくり出すためなのです。 

今が、もし、危機的状況であるならば
新たな方向に目を向けさせたり、内面を鍛えたり
あるいは、独創的なアイデアを考えるチャンスだと捉えればよいのです。
このときに、決して危機に押しつぶされてはいけません。
 
何か問題があれば、心が落ち着かないのは、当たり前なのですが
それは、自分が今まで体験したことがないからなのです。
ここで、きちんと問題に対処できれば、素晴らしい未来が開けるのです。

多くの場合、自分の中の信念(考え方)が悪いことを起こすきっかけになっています。
その信念を発見し、取り除き、解放すれば、自ずと答えが見えてきます。
例えば、新しいことへの恐怖感も、自分が作り出しているのです。
今の現実をつくっているのは、自分自身だと、まずは思いましょう。 

多くの人は自分がやったことのないことに対して
意味のない恐怖感を抱いているのです。
未来や新しいことに対する漠然とした不安が、この恐怖感を駆り立てるのです。

恐怖は世界中に存在していますが、恐怖に関心を払わなければ
恐れる理由などなくなるとジョー・ヴィターレ
奇跡を起こす目覚めのレッスンで私たちに教えてくれます。

人が変化をしないのは、今の現状が居心地がよいからなのです。
時には成功が見えていても、現状から変われない場合もあります。
それは、変化や成功に対しての恐怖感があるからなのです。

そんなときには、恐れをリスト化し、紙に書きだしましょう。
不思議な事にこの作業でたいていの恐怖感がなくなります。
確かに、多くの恐怖感は紙に書き出し、可視化することでなくなっていきます。 

また、リスト化しながら、恐怖が本当に怖いのかを自問してみましょう。
恐怖を明確にすること、書き留めることで、多くの恐怖を撃退できるはずです。 
こうすれば心の中のハードルをなくせ、アクションのスイッチを入れられるのです。

ジョー・ヴィターレ恐怖のリストを眺めながら、深呼吸するのもをよいと言います。
息を深く吸って、吐き出しながら、リストを見れば、心が落ち着きます。
冷静になれば、恐怖感がいつの間にか消えてなくなっているです。
人はリスト化と瞑想によって、恐怖心をなくせるのです。
Loading Facebook Comments ...

コメント