コリン・ターナーの言葉から、習慣化のヒントをもらおう!

習慣化

すべての偉大な達成は、小さな達成の積み重ねの結実である。(コリン・ターナー)

スクリーンショット 2015-06-02 20.44.46
私はコリン・ターナーのこの言葉が大好きです。
今日は15000歩以上歩きましたが、これも習慣化のおかげです。
今朝、早起きして、一歩を踏み出したことで、私は小さな自信を手に入れました。
ちょっと前には1日に数千歩しか歩いていなかったのですが
頭と体のために歩くことを意識することで、行動が変わったのです。
1万歩以上歩こうと決めて、行動を起こしたから、目標を達成できたのです。
やりたいことを見つけたら、まずは、小さな目標を作ってみましょう。
それをクリアし、毎日続けることで、大きな目標を達成できるようになるのです。
歩くことを意識し、それを習慣化することで
いつの間にか、私は毎日15000歩以上歩けるようになっていました。

自分のための時間を作り、自分のために行動することで、未来が変わり始めます。
コリン・ターナーは自分が胸踊ることに時間を使おうと言います。

毎晩、テレビを見る時間を削って、一日一時間を読書に充てよう。情熱は、自分がしていることに胸踊らせる、あなたの心からしか生まれないのだから。

テレビや新聞などメディアに費やす時間をこの数年で相当減らしました。
その時間を読書とブログを書くことに当てています。
書評ブログで他者に貢献するために
私はインプット(読書)する時間とアウトプットする時間を確保したいのです。
自分のやりたいことを明確にし、その時間を確保すれば
行動を習慣にしやすくなります。

朝起きたら気になっている本を読み、書きたいことをまとめます。
書けそうにない日でも、パソコンの前に座って、頭を整理したり
過去の読書メモを読むことで、イメージが湧いてきます。
1行を書き始めると、次の一行が頭に浮かんできて
いつの間にか書けるようになるのです。

成功とは過程である。その過程での姿勢や習慣の成果のことなのである。(コリン・ターナー)

一日に30分のインプットと30分の時間を確保できれば
書くことを習慣化できます。
一日1時間TVを見るのをやめて、ブログを書いみるのです。
これをするだけで、多くの人があなたを見つけてくれるようになります。
受動的なTVのようなメディアで無駄な時間を過ごすのか?
自分からアウトプットする発信型の人間になるのか?
この選択によって、未来は全く違ったモノになるはずです。
習慣力を鍛え、時間の使い方を変えることで
人生はどんどん楽しくなっていくのです。

自分が何者であるか、何を達成したいのかを、あなた以上に知っている者は誰もいない。(コリン・ターナー)

まずは未来を変えるために
自分のやりたいことを見つけて、自分らしい時間を過ごしましょう!
アウトプットを心がけて、自分の人生をコントロールしてみましょう。

   

photo credit: Roll the credits. via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント