木を植える最も良い時期は、20年前である。次にいい時期は今である。

習慣化

本を読んでいる人の95%の人は行動しません。「いい本だったなあ」で終わってしまうから成功しないのです。(石井貴士)

スクリーンショット 2015-07-26 8.33.55
お金持ちになる方法を学ぶ1分間金言集60
石井貴士著)には
人生を変えるための偉人の名言が60個紹介されています。
本書は、成功者の名言から、成功する人の思考回路を
短時間で手に入れることを目的にしています。
偉人の成功する思考回路をモデリングすることで
成功する確率をあげられるのです。
成功するためには、成功した人の思考をまねることだと言われていますが
本書を読んで、思考を変えるための早道が見つかりました。

また、石井氏がセレクトした著名人の名言もよいのですが
私は、石井氏自身が書いている冒頭の言葉が刺さりました。
本を読んだ際に、行動することを習慣化すれば
人生を変えるキッカケを手に入れられれるのです。
思考する→決断し、行動する→習慣化するのサイクル
読後につくり出せばよいのです!
そして、決断するタイミングは「いつか」ではなく
「今」がポイントになるのです。

木を植える最も良い時期は、20年前である。次にいい時期は今である。(中国のことわざ)

48歳の時にこのブログを書き始めたのですが
あのときにスタートしていて、本当に良かったと思います。
当初は48歳のスタートは遅いのでは?と躊躇し
なかなか行動できなかったのですが
「いつか」をやめて、「今」を選択することにした結果
今の私に(ブロガーの徳本)なれたのです。

何でもそうなのですが、始めるのに遅いということはなく
今がベストのタイミングなのです。
4年半ブログを継続することで、2400件の記事を書くことができ
人との関係を生み出す強力なプラットフォームを
手に入れることができたのです。

そして、この書評ブログを習慣化することで
本を読んだ後で少なくとも行動を起こせるようになりました。
ブログにアウトプットするためには本の内容を頭で整理することが必要です。
この作業を続け、ブログに書くことで、著者の思考や体験を
自分ゴトできるようになったのです。

燃え盛る炎も、数時間で消えてしまいます。本を読んで、あなたに降ってわいた情熱も、数時間で消えてしまうのです。 (石井貴士)

ブログを書くのも、読後すぐに始めた方がよいようです。
いつかやろうと思っても、そのいつかこない可能性が高いのです。
「いつかやろう」と言う人は、いつまでたってもやらない人だ。』と
石井貴士氏は、喝破しています。
本を読んで良いと思った内容は、「今すぐやろう!」を心がけることで
95%の何もしない人から、脱却できるのです。

このマインドを忘れずに、本に書いていることをやり続ければ
著者の知識やノウハウがあなたの知恵となり
成功の可能性を高めてくれるはずです。
今やる!」を決断し、それを行動し続ける人が
人生の勝者となると本書1分間金言集60は、教えてくれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

photo credit: Prairie dawn via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント