月曜日の怠け癖を撃退する3つの方法

習慣化

月曜日の嫌な気分を撃退するために、先ほど朝のウォーキングを終えました。
今朝は30度越えでなかなか歩くのが辛かったのですが
水分補給をしながら、5000歩のウォーキングを行うことで、脳を活性化できました!
スクリーンショット 2015-07-27 9.16.38

脳を鍛えるには運動しかない!(ジョン J. レイティ、エリック ヘイガーマン著)
再読して以来、1日15000歩を目標に毎日歩き続けています。
大雨の日は駅やショッピングセンターなどで歩くなどの工夫をしながら
ウォーキングを習慣化して、早2ヶ月半が経過しました。

今日のような月曜日は、自分を試すのに良い日です。
朝起きるのが面倒だ!暑い!歩くのになんの意味がある?と
立て続けにもう一人の自分が私に語りかけてきます。
今日さぼっても問題ないよ!と囁かれると、弱い私は本当に悩みます。

そんな時は布団の中で、iPhoneを取り出し、名言ノートを読み返します。
今朝は、時間泥棒というキーワードが頭に浮かび、
エドワード・ヤング「先延ばしは、時間泥棒と同じ。」を見つけ
自分を奮い立たせました。
月曜日の朝から、時間泥棒をしていては、今週はダメになると思うことで
一気に起きることができました。
いつもどおり、鏡に向かって深呼吸し、サンペレグリノを飲むことで
体にエネルギーをチャージできました。

階段全体を見る必要はない、ただ最初の一段をあがればいい。(マーティン・ルーサー・キング)

ほんのすこし体を動かすことで、怠け癖を退治できるのです。
自分の中の甘い囁きをやっつけることで、今朝も私の体は
ウォーキングで目覚め、良い感じで月曜日をスタートできました。

脳を鍛えるには運動しかない!には、有酸素運動の3つの効果が紹介されています。
1、頭をすっきりさせる。
2、ニューロンどうしの結び付きを強める。
3、新しいニューロンの成長を促す。
朝から、5000歩歩くと、脳に良いリズムが伝わり
脳がアクティブに動き出します。
月曜日の嫌な気分も、最初の一歩を踏み出すことで
あっという間に、退治できます。
脳がすっきりすることで、やりたいことに集中できます。

歩いた後は、こうやってブログをすぐに書き始めることで
次のステップが踏み出せました。
歩くこと、書くことを続けていくとニューロンどうしの結び付きが強まり
脳がもっともっと元気になります。
また、歩くことで体調もすこぶる良くなり
ダイエットにもつながります。
歩くことは、実は良いことだらけなのです。(お金もかかりません。)

朝の名言チェック、ウォーキング、ブログが私に行動を促してくれるのです。
私の「月曜日の怠け癖を撃退する3つの方法」
誰かのお役に立てれば、とても嬉しいです。
最後に私が、今日チェックしたヘンリー・フォードの名言で
今朝のブログを終わりにしようと思います。

たいていの者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

photo credit: 13032006.jpg via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント