引き戻し現象から自分を守る方法

習慣化

大切なのは、自分が悪い習慣を持っていることを認め、それを変える決意をし、その決意を実行することだ。(アレクサンダー・ロックハート)

スクリーンショット 2016-07-10 16.23.32
自分が断酒を決めたのは、今から9年以上も前のことです。
悪い習慣になっていた飲酒に決別して、健康な体を取り戻そうと考えたのです。
お酒の飲み過ぎ、不規則な生活がたたり、体調が悪くなったため
ドクターと相談し、断酒をすることを決めたのです。
ちょうど梅雨から夏になるタイミングで、ビールの美味しい季節でしたが 
ここで怯んでいてはダメだ考え、二度と飲まないことにしたのです。

それまでに、何度か禁酒にトライしたことがあったのですが
いつもお酒の誘惑に負けて、元の生活に引き戻されていたのです。
前の居心地のよい状態(コンフォートゾーン)に戻って
お酒を飲んでいる方が楽しいと脳が思うことで
飲まないという決意が揺らぎ、元のアルコール依存状態にすぐに逆戻りしていました。

今度こそ、私は絶対にお酒をやめて、自分を改善しようと覚悟を決めました。
家族のために、早死にする可能性を排除して、長生きしようと思ったのです。
そのためには、健康を取り戻さなくてはなりません。
お酒と家族を比較すれば、大事なのは家族に決まっていますが
それまでは情けないことにお酒を優先させていたのです。
自分を磨く方法アレクサンダー・ロックハートが書いているように
自分の悪い習慣と決別し、断酒をスタートしたのです。

私は家族を笑顔にすることを決めて、良いイメージを膨らませました。
私がお酒をやめて、喜んでいる家族をイメージしたのです。
お酒をやめて、ダイエットに成功したスリムな自分が
家族の横に立っている姿を映像化し、自分をワクワクさせたのです。
この結果、お酒中心の生活をやめようと決断できました!

同時に、飲み友達との関係を整理しました。
自分の環境を変えない限り、アルコールという悪い習慣からは逃れられないと考えたのです。 
飲み屋には近づかない、飲み友達からは距離を置くことにして
ライフスタイルを朝型にシフトしたのです。
活動する時間帯を朝に変え、読書会などの朝の勉強会に参加することで
私はお酒を飲まなくても、楽しめることに気づけました。

朝から元気に活動している人、積極的に学ぶ人からエネルギーをもらうことで
私は自分のやりたいことをやろうと決められました。

・自分にとって、何が一番大事なのか?  
・本当に自分がやりたいことは何なのか?
・後悔しない生き方とは何なのか? を考えることで
私はお酒より、大事なモノを見つけることができたのです。
本を書く、ブロガーになるという夢が見つかったことで
私は自分の時間を楽しめるようになったのです。

多くの人が人生で失敗するのは、能力や知識、勇気が足りないからではなく、明確な目的に向かってエネルギーを注がないからだ。

アレクサンダー・ロックハートの言うように、明確な目的を持つことが重要です。
私は断酒後、本を書くという目標を持てたおかげで
自分の時間の使い方を変えられ、最終的には出版の夢を叶えられたのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: promenade via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント