リズ・カーペンターのスタイリッシュ・エイジングという考え方を流行らせよう!

「スタイリッシュ・エイジング」の三原則

1、招待を断るな Never pass an invitation
2、どんどん人をもてなせ Entertain a lot
3、恋をせよ  By all means fall in love (リズ・カーペンター)

スクリーンショット 2016-08-25 16.12.08
PDFA習慣術
の徳本昌大です
以前のブログで
ご紹介しましたが、
アメリカにはスタイリッシュ・エイジングという素敵な言葉があります。
この言葉は、ジェイソン大統領の報道官を務めたリズ・カーペンターという女性が提唱しました。

その「スタイリッシュ・エイジング」について
友人の整体師(頭を柔らかくする男)の渕脇毅氏が
ブログに記事を書いているのを見つけてなんだか嬉しくなりました。
以前、私が書いたブログを彼に紹介したのですが
この言葉のファンになっていただけたようです。

渕脇氏のブログから以下引用します。

私はこの、「スタイリッシュ・エイジング」という言葉を、もっと多くの人に知ってもらいたいと思います。そうして、「超高齢化社会は大変だ、何とかしなければ!」という重苦しい空気ではなく、「歳を重ねることは素晴らしい、人生を楽しもう!」という空気を発信したいと思うようになりました。「スタイリッシュ」とはどんなことを指すのか、ということについては、皆さんそれぞれに意見があるかと思います。 人それぞれの「スタイリッシュ」観があって良いと思うのです。

超高齢化社会の日本の問題は間違いなく医療費です。
日本を元気にするためには、病気を減らすことが肝心です。
健康のまま亡くなる人を増やすことが、若者たちのためになります。
医者や薬に頼らなくても大丈夫なシルバー世代を増やすことが大事です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「長生き」に負けない生き方 [ 外山滋比古 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2016/8/2時点)

そのために今から意識を変えようと思います。
私もスタイリッシュ・エイジングと言う考え方を取り入れたいです。
自分の健康は自分で守るのです!
自分達の生活は、自分たちの力でやることを習慣にして
自分の大切な足で歩き続け、脳を死ぬまで元気な状態に保つのです。
健康な未来の種を蒔くために、今できることを始めましょう!
今のうちから食べ物に気を使ったり、歩くことを習慣にするのです。

超高齢化社会を明るくするためには、人との交流も欠かせません。
シルバー世代が若い人の夢をサポートしたり
50歳を超えたら夢を実現するプロジェクトを仲間と始めるなど
世の中を元気にする仕掛けをつくれば、やりがいが生まれます。
老けこまない選択肢を用意することで、世の中は変わります。
まずは、スタイリッシュ・エイジングと言う言葉を流行らせたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: Vlad and Nelly via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。
■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

徳本昌大をフォローする
習慣化生産性向上名言その他ブログウォーキングライフハック健康
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント