リストづくりを朝の習慣にしよう!

習慣化

毎日、あなたは計画性を持って具体的な目標を設定しなければなりません。達成したいことを決めて、その方法を選択するのです。究極的には、目的を持って一日をスタートさせ、それを達成して一日を終えるということです。(リック・ピティーノ)

スクリーンショット 2016-09-03 8.18.38

PDFA習慣術の徳本昌大です
リック・ピティーノ
成功をめざす人に知っておいてほしいことの中で
紹介されている「朝の習慣」を人生に取り入れると成功する可能性が高まります。
本当にそれはシンプルな行動で、やるべきことを整理しリストに書くだけです。
長期的に達成したい目標を決めて、それを月次、週次のタスクにおとしていくのです。
朝起きたら、その日のタスクを書き出すと、一日の価値を高められます。

毎朝私はその日の目標をすべて紙に書くようにしています。そのリストが私の一日計画で想定外のことが起きれば計画を修正することもありますが、一日の指標として役立ちます。ちょうど人生の計画が必要なように、毎日、毎週、毎月、毎年の計画も必要です。長期的な目標に向かって着実に前進するには、それ以外の方法はありません。一日の目的を書きとめると、整理がしやすくなります。

一日の目的を明確にすると自分に対して言い訳ができなくなります。
多くの人は目覚めたときに一日の目的を持ってはいますが
リストにしないことで、あやふやなままなのです。
逆に自分のやりたいことを朝、明確にすることで
タスクに集中でき、スタートダッシュを切れるようになります。

その日が終われば、達成したことをリストアップすればいいのです。同時に、達成できなかったこともリストアップし、反省と改善点を明確にして翌日以降に反映させることも重要です。

一日の終わりには、振り返りの時間を持ちましょう!
まずは、できたことにフォーカスし、自分の行動をほめましょう。
脳に成功体験を植えつけることで、自分に自信を持てるようになります。
できなかったことがあれば、翌日に何をすればよいかをポジティブに考えればよいのです。
明日の自分ならできる!と自己肯定感を高めることで、よい睡眠を得られます。
この自己肯定感によって、翌朝をよりよくできるのです。
ダメな点は過度に気にせず、翌日にはよりよく改善できると考え、眠りにつきましょう!

手帳カウンセラーのコボリジュンコさんの逆算手帳 GYAKUSAN plannerを使うと
リック・ピティーノのこのアイデアを実践できます。
逆算手帳を使えば、夢を実現する日と今日を結び付けられます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
リック・ピティーノの関連記事
はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。


photo credit: On Top Of The World In New Zealand via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント