過去の成功体験にとらわれず、新たなチャレンジを楽しもう!

昨日うまくいったからといって、今日もそのやり方でうまくいくとはかぎらないし、時と場合によって異なる解決策が必要なこともある。要は、どんな事態に遭遇しても、柔軟な姿勢で対応することが大切なのだ。(ジェリー・ミンチントン)


photo credit: DaveBleasdale HERE via photopin(license)

ジェリー・ミンチントンの自分の価値に気づくヒントを読んで
少し自分の行動を反省しました。
私たちはついつい過去の成功体験にしがみついてしまいます。
前にうまくいった方法だから、同じことを繰り返せば大丈夫だと盲信し
同じ行動を繰り返してしまうのです。

しかし、時代は絶えず変化してぶいるため、過去の常識が通用しなくなっています。
知識や体験が時代や環境に合わなくなっているのです。
そんな変化の連続の中、過去と同じ方法を続けるのは無理があります。
過去の成功体験は、あくまで過去の話でしかありません。
しばらくはうまくいっても、やがて通用しなくなる日が必ずやってきます。
そのための準備を怠らないようにしましょう。(これは、自分に向かって言っています。)
過去の成功体験に固執せずに、新たな知識を取り入れ
柔軟に発想することを忘れないようにしたいものです。
過去の自分を少しづつ捨て、新たなチャレンジをスタートするのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の価値に気づくヒント [ ジェリー・ミンチントン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

今までと違うことを始めれば、当然間違えたり、失敗がつきものです。
そんな時には心を惑わされないようにしましょう!

端的に言うと、間違いは実験の結果にすぎない。人はみな、自分がとるべき行動を選ばなければならないが、それがどんな結果を招くかは事前にわがらない。その時点で決定し、あとになって初めてそれがよかったか悪かったかがわかるのだ。自分が間違いを犯したら喜ぶべきである。

著者のジェリー・ミンチントンは、間違いは人間としての成長に不可欠だと指摘します。
失敗や間違いも、自分を成長させる学習経験だと捉え直すのです。
間違いを犯すことで、成長する機会を得られます。
間違いを犯さなければ、私たちは多くを知ることができません。
しかし、年をとると新たなチャレンジを避けるようになります。
過去の実績にばかり頼り、自分を甘やかしてしまうのです。

過去の成功体験を少しづつ捨て、自分を時代にフィットさせましょう。
失敗を恐れずに、好奇心を持ち続けることで
時代に取り残されないようになります。
50歳を過ぎたあたりから、私はこの考え方を毎日繰り返すようにしています。
昨日と同じ選択ではなく、自分がワクワクすることを選ぶように意識を変えています。
時々、過去の成功体験に頼ってしまうことが今でもありますが
そんな時には本書のジェリーの教えを守って
視点を変えることを忘れないようにしたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ジェリー・ミンチントンの関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 ブログ アイデア クリエイティビティ ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました