煩悩即菩提を信じて、不安な気持ちをなくそう!

習慣化

だから心配しなくていいのです。「きっとひどいことになる」というあなたの不安や心配は「思い込み」にすぎません。「これまで大丈夫だったじゃん」ということをひとつひとつ数えていけば、自分に自信がもてます。自分を信じて大丈夫です。(種市勝覺)


photo credit: forum.linvoyage.com Sunset games at Nai Harn beach, Phuket island, Thailand via photopin (license)

未来を心配しても仕方がない。

過去に不安だと思ったことが、実際に起こった確率はとても低いはずです。
人はどうしても未来を心配しがちですが
起こらない未来を不安視しても意味がありません。
米国ミシガン大学の研究チームが行った調査によると
心配事の80%は実際には起こらないそうです。
20%の心配事の8割は、対応可能で、ほとんどが解決できるそうです。
解決できそうもない心配事は、全体の4%にすぎないのですから
起こった時に対処の仕方を考えればよいのです。
いつも未来を心配するのはとても馬鹿げたことで、勿体無いことなのです。

心配事は、特に夜遅い時間に大きく膨らみます。
夜の時間帯には、心配事が大きくなるばかりですから
夜眠る前に不安な気持ちになってしまったら
「明日考えればよい」と気持ちをリセットしましょう。
翌朝、頭がシャープな時に考え直してみれば
大概のことは大したことに思えなくなります。

心配事が頭をよぎったら、「自分は大丈夫」と言い聞かせ
今自分ができることに集中しましょう。
夜の時間は心配事に頭を悩ますのではなく、良質な睡眠を確保するのです。

なぜなら過去は変わらないし、未来はわからないから。わからないのだから、大丈夫でもいいし、大丈夫じゃなくてもいい。どちらを選んでもいいから、私は大丈夫を選ぶ。あなたは大丈夫じゃないほうを選びたかったら、選べばいい。どちらがよくて、どちらが悪いということもありません。自分がどちらを選びたいか、という話だけです。根拠はいりません。

未来に対する思考を少し変えるだけで、自分を解放できます。
未来は大丈夫だと考えれば、よい結果を引き寄せられます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ここに気づけば、もうお金には困らない [ 種市勝覺 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/30時点) 

「煩悩即菩提」を覚えておこう!

密教では「煩悩即菩提」という言葉があります。煩悩の数だけ菩提(悟り)があるという意味です。不安や心配という煩悩の裏には、学びや気づき、「智慧」という大切なメッセージが隠れています。だから、お金の心配をしなくても大丈夫。不安や心配の数があるだけ、大丈夫もあると覚えておきましょう。

もし、心配事が起きたら、その時になって解決策を考えればよいです。
悩みの数だけ、よい経験ができると捉え、そこに集中しましょう。
「煩悩即菩提」という言葉を信じ、自ら考えれば、必ず答えが見つかります。

過去の経験を振り返り、今ちゃんと生きているのだから
この問題もなんとか切り抜けられると自分を信じましょう。
「今度も絶対に大丈夫」と自分の脳を励ませば
素晴らしい解決策が見つかり、不安な気もちもなくせます。
もしも、不安な気もちになったら、過去の経験を思い出し
そこから勇気をもらうことで、自分の心を落ちつかせることができます。

まとめ

多くの心配事は起こらないというルールを覚えておけば
自分の大切な時間を無駄遣いしないですみます。
もし、心配事が実際に起こった時に解決策を考えればよいのです。
「煩悩即菩提」という言葉を思い出し、気づきを得るようにしましょう。
過去の自分を信じることで、その課題を必ず解決できるはずです。

片付けパパの大村信夫さんと思考の片付け方を考えます。
5月17日のセミナーでお会いしましょう!

テーマ:人生をワクワクに変える方法
ゲスト:大村信夫(片付けパパ)
内容:夢リストで夢を叶える方法を大村さんと対談形式でお話しします。
日時:2017年5月17日(水)
19:00 オープン 19:30 開始
お申し込みはこちらのリンクをクリックください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!!
参考書籍 種市勝覺氏ここに気づけば、もうお金には困らない
    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント