過去の自分の思い込みを簡単に捨てる方法。

習慣化

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。(スティーブ・ジョブズ)


photo credit: mahnoorraja kunfupandas via photopin (license)

自分の人生のCEOになろう!

周りの人の自分に対する評価はとても気になりますね。
しかし他者の目を気にしすぎると、自分を失ってしまいます。
他人ばかりを気にしていると、最終的には自分の人生を生きられなくなります。
自分の人生のCEOになるためには
本当に自分がやりたいことに、大切な時間を使うべきです。
一度きりの人生ですから、他人の人生を生きるのはやめましょう。
失敗するという思い込みを捨てて、自分らしい人生を取り戻してみるのです。

せっかくのゴールデンウィークですから
自分との対話のために時間を使ってみたらいかがでしょうか?
仕事脳から離れて、自分がワクワクすることを考えてみるのです。
子供の頃の自分の夢を思い出し、一日に30分でよいので
自分のためにその時間を使ってみるのです。
普段、当たり前だと思っていることを疑って
自分の直感を信じて、突拍子も無いことを書き出すと
ワクワク感を取り戻せます。

他人が決めたルールは時間が経てば変わります。
以前は副業などは大手企業では認められませんでしたが
最近では、ワークスタイルが大きく変わり
本業に影響しなければ、認める会社も増えています。
人生100年時代が当たり前になれば
過去の常識はこれからどんどん変わるはずですから
どんどんやりたいことを実現していきましょう!
人生が100年あるからといって、先延ばしは厳禁です。
年をとるとできないことがたくさんありますから
今やれることからはじめてみるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ここに気づけば、もうお金には困らない [ 種市勝覺 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/30時点) 

私たちは他人が決めた正しい道、正しいルールを守ろうとします。他人の自由を生きるので、私はこれを「他由」と呼んでいます。人はもともと「自由」なので、自由に自分の道を選べばいいのに、「他由」によって、ものすごく影響を受けているのです。ですから「目に見えない部分」、「意識」を変えるには、他人から与えられた「思い込み」や「他由」の生き方を一度見直す必要があります。あなたが無条件に信じているもの、そうだと思い込んでいるものは本当にそうなのか、見直す必要があるのです。(種市勝覺)

やりたかったことに再度チャレンジしよう!

自分の思い込みを捨てるためには、付き合う人を変えるとよいかもしれません。
過去の自分の思考は親や教師の影響を少なからず受けているはずです。
時代が変わっている今、過去の常識にとらわれていると
何もしないまま時間だけが過ぎていき、チャンスを逸します。

自分のやりたいことがあれば、それを周りに話してみましょう。
仲間がブレーキを踏んだなら、その人は真の友達ではありません。
そんなドリームキラーとは、付き合わなければよいのです。
親や教師が教えてくれた人生は、他人の人生を生きることだと捉え
一度しっかりと見直してみましょう。
自分との対話の時間を持ち、本当にやりたいことを見つけて
子供の頃のワクワク感を取り戻すのです。

自分がやりたいことを今日からはじめてみましょう。
今までは無駄だと思っていたことにお金や時間を使ってみるのです。
ワクワクすることにチャレンジするうちに
子供の頃のアクティブな自分を取り戻せるようになります。
若かった時の冒険心を思い出し
やりたかったことに再度チャレンジしてみるのです
その体験があなたにエネルギーを与えます。
新たな出会いによって、面白いことが起こり始めます。
自分の夢を周りに語ることで、ケミストリーが起こり
突然、自分の夢が叶い始めるようになります。
ドリームキラーではなく、ドリームサポーターと付き合うことで
夢の実現スピードが一気に加速します。

まとめ

過去の自分の思い込みを捨てるためには
自分のやりたかったことを思い出してみるのです。
親や教師に反対されたことにチャレンジすれば
自分の別の側面に気づけます。
自分の夢を思い出すと、ワクワク感を取り戻せます。
このワクワク感が、あなたの行動を後押しし
幸せを運んできてくれるのです。
一度きりの人生ですから、他人の人生を生きるのをやめて
自分の人生のCEOになりましょう。

参考書籍 種市勝覺氏ここに気づけば、もうお金には困らない

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント