期待のパワーを活用しよう!

習慣化

相手に美徳を身につけさせる最高の方法は、その美徳を相手に期待することだ。(チャーチル)


photo credit: Ranger56112 Mystical and full of energy: Come into the light/Mystisch und voller Energie: Komm’ ins Licht! via photopin (license)

期待とは一種の予言であり、おのずと現実になることがよくある。私たちはそれを意識的にも無意識的にもおこなっている。(カート・モーテンセン)

期待値を高めることで、行動が変わる!

自分の期待が現実になるとチャーチルカート・モーテンセンは指摘します。
期待は未来の予言で、現実を変える力があるのです。
この期待の力を自分や他者に使うことで、未来を明るくできます。

期待が効果的であることは、多くの研究結果からもわかっています。
「学力が低下している」と言われた生徒の成績は、実際に低下しがちです。
同じ問題を渡して、「これはとても簡単な問題だよ」と言われた学生は
「かなりの難問だよ」と言われた学生より、素早く問題を解けます。
「この仕事は単純作業だ」と言われた人は
「この仕事は難しい」と言われた人より、短時間で仕事を終わらせることができます。
人は期待され通りに行動するというルールを覚えておけば
自分や他者の生産性を高められます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相手の心をつかんで離さない10の法則 [ カート・モーテンセン ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)

他者を上手に動かす方法。

私たちは自分が他人からどう思われているかを知っているとき、たいていそれに合わせようとする。ほめられると、誰もがその称賛にふさわしい人物であろうと努力するのだ。

人は期待通りに振舞うのですから
自分の期待を言語化し、他者に伝えなければなりません。
相手を動かすメッセージを積極的に発しましょう。
例えば、部下に積極的に行動してもらいたければ
彼らへの期待をしっかりと伝えることです。
「君ならきっとできるよ」
「君には日ごろから一目置いているんだ」
「君の能力にはいつも感心しているんだよ」
などのメッセージが、彼らの意識と行動を変え、期待にこたえようとします。

自分に対して抱いている期待が特定の行動をとらせ、想像を現実にしてしまうことの証しだ。(カート・モーテンセン)

この期待を他者だけでなく、自分にも向けましょう!
自分自身に対して、ポジティブな期待を持てば、ポジティブな結果を引き寄せます。
自分への期待値を高め、明るい未来の自分をイメージするのです。
逆にネガティブなことをイメージすると結果は悲惨なものになりがちです。
たとえば、自分がいつかクビになると思っている人は
仕事への情熱を失いやすく、実際にクビになってしまうのです。

まとめ

期待があるところに魅力が生じる。期待感こそ生きがいである」という名言を
マツモトキヨシの創業者である松本清氏は残しています。
期待をかけることが魅力を引き出し、生きるパワーになるのです。
ネガティブな期待を捨てて、ポジティブな未来をイメージしましょう!

参考書籍 カート・モーテンセン相手の心をつかんで離さない10の法則
カート・モーテンセンの関連記事はこちらから
ほめるの関連記事はこちらから

今日もお読みいただき、ありがとうございました!!

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント