よい感情を伝染させよう!

習慣化

感情は伝染する。科学者たちは、3人をーつの部屋に入れると、感情を最もあらわにする人が他の2人によかれ悪しかれ強い影響を与えることを発見した。(マーク・レクラウ)


photo credit: Nykaule Contre-jour via photopin (license)

運を高めたければ、まずは自分を律すること

思考と感情と行動をコントロールすると
自分をよりよくできますが
自分のエネルギーが高まると周りの人にもよい影響を及ぼします。
ポジティブな波動を発信すれば
その波動にフィットした素晴らしいものを引き寄せられるのです。

運をよくしたければ、自分を律することが重要になります。
不健全な食生活、アルコール、運動不足、ネガティブな心の姿勢など
エネルギーを奪うものは遠ざけたほうがよいのです。
アルコールを飲んでいた頃の私は
いつもイライラし、ネガティブ思考に支配されていたため
悪いことを引き寄せていました。
しかし、10年前に断酒し、思考と行動を変えてから
自分にエネルギーを注げるようになりました。
それ以降周りには活力ある人が集まり、良いことが起こるようになったのです。

ベンジャミン・フランクリンが指摘するように
エネルギーと粘り強さがあれば、どんな困難も克服できるのです。
良いエネルギーが周りの人を動かし
自分の力だけでは無理だと思えた目標も達成してくれるのです。
相手との関係をよくすることで、運気をアップできるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

相手を褒めて、良い感情を伝染させよう!

私たちが発する言葉はとてつもなく大きな力を持っている。だから、人びとを勇気づけるポジティブな言葉を使うことが大切だ。自分の言葉が周囲の人のパフォーマンスに強い影響を与えることは、科学的に証明されている。それは相手の心理に働きかけ、その人の成績を左右する。

相手の長所を見つけることで、その人の長所をもっと伸ばせます。
相手の長所を褒め、潜在能力を目覚めさせれば
より大きな成果を上げることができます。

人に会うたびに相手の長所を見つけ、褒めることを習慣にすると
人間関係を改善できるだけでなく、チームの力を強化できます。
また、他者を褒めるたびに、その人から感謝され
協力を得られ、良いことが起こるようになります。

幸運な人は幸運が訪れるのを待つのではなく、創意工夫して自分で幸運をつくり出す。(タル・ベン・シャハー)

人を褒めることを習慣にすることで、自分を幸せにできます。
人から褒められた時にも、それを拒絶せずに
しっかりと受け止めましょう!
誰かに褒められたら、素直に「ありがとう」と感謝の言葉を伝えればよいのです。
相手への貢献を心がければ、褒められたり
感謝の言葉をもらえ、幸福度を高められます。

相手の話を聞くだけでも、相手は自分を好きになってくてると
マーク・レクラウは指摘します。
相手が喜ぶことを習慣にすることで
自分を幸せにできるのです。

まとめ

良い言葉にフォーカスし、それを習慣にすることで
周りの雰囲気を変えられます。
ネガテイブな言葉を使わずに、人を元気にする言葉を使うのです。
相手を褒めたり、話を熱心に聞いたり
仲間に貢献することで劇的に人間関係を改善できます。
素晴らしい仲間とよりよい関係を築くことで
私たちは幸福度をアップできるのです。
周りによい感情を伝染させることが、幸せになるための秘訣なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
参考図書 マーク・レクラウ習慣を変えれば人生が変わる 
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント