ソロモン王とマキャベリのどちらを信じるべきか?

習慣化

勤勉な者はいずれ指示する立場になるが、怠惰な者は労働を強いられるだけで終わる。真面目に働けば利益がもたらされるが、ロ先だけでは貧しさしかもたらされない。 眠りたいと思っていては貧しさが増すばかりである。目覚めていれば、有り余る粗が手に入る。(ソロモン王)


Designed by 4045

人生の成功法則はたった一つしかない。ソロモン王の言葉を信じよう!

元マフィアのマイケル・フランゼーゼ最強マフィアの仕事術にはソロモン王の箴言とマキャベリの言葉が対比されて紹介されています。マイケルはマフィア時代には、冷徹なマキャベリの言葉を座右の名にしていましたが、裏の世界から足を洗い、幸せな人生を生きると決めてからは、ソロモン王の言葉に共感を覚えるようになります。真っ当な方法で利益をあげたければ、怠惰なことをやめて、真面目に働くことが最善の法則だと気づいたのです。

はっきり言おう。ビジネスの成功を保証する秘訣など存在しない。それが現実である。成功の保証がないなら、何をすればいいのか?何もかもだ。計画を立て、計画に沿ってハードに働き、集中すべき仕事を見極め、ともに目標達成に向けて働く仲間をつくる。そのすべてを、ソロモンの教えに沿って行うのだ。(マイケル・フランゼーゼ)

著者のマイケルはマフィアをやめたあとで、真の成功法則は一つしかないことを見つけます。ソロモン王の知恵に勝るものはないと気づいてからは、ルール違反をするのはやめ、自分に投資するようになりました。ビジネスにおいては、知恵を使って、業績を上げる方法を考えるしかなく、それと同時に未来を予測する市場のトレンドを理解する力を身に付けなければなりません。また、資金を軽率に使ってもいけません。そこには自分をコントロールする規律が必要なのです。

知恵に勝るものはないのだから、多くの知恵を学ぶがよい。たとえ自分が持つすべてを差し出してでも、知力を得よ。(ソロモン)

人生の真の成功をつかみたければ、お金や時間の無駄使いはやめ、変化のために投資をすべきです。ビジネスの成功を保証する秘訣などはそもそも存在しないのです。成功者の過去の知識や体験を自分に応用できたとしても、すべてがうまくいくわけではありません。人生は人それぞれで、タイミングも人脈も成功者とは異なると考え、コツコツと行動するようにしましょう。

ビジョンを達成するための計画を立て、計画に沿ってハードに働き、集中すべき仕事を見極め、ともに目標達成に向けて働く仲間をつくるべきだと著者は述べています。成功には王道はなく、土台をしっかり作り、自分がやるべきことをやるだけなのです。

 

自分との対話の時間を持つことで、新しいアイデアが生まれる!

話を聞かないうちに答えることは、無知の証しであり恥と知れ。 (ソロモン)
ビジネスでは、自分の話をするよりも、聞き上手になる方が得策です。口を閉じて、人の話に耳を傾ければ、自然と情報が入ってくるようになります。確かな情報を入手できれば、新たな行動を起こしたり、的確な判断をくだせます。
知恵ある者は命令を受け入れる懐の深さがある。ロ先だけの愚か者には破滅がやってくる。(ソロモン)
できるだけ口数を少なくし、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。マイケルはマフィア時代に次の3つの行動を自分に課し、失敗を避けるようにしたと言います。
■よく考えてから行動する
■自分が口を開く前に、まずは相手の話に耳を傾ける
■考えなしに口を開かない。
考えなしに短絡的に行動すると失敗する確率が高くなると考え、相手の話をしっかりと聞き、相手への貢献を考えるようにしましょう。

たとえ無知でも、何も語らなければ賢者に見える。黙っていれば聡明な人だと思ってもらえる。(ソロモン)

著者のマイケルは、何も言わなければ賢そうに見られ、失敗を防げると述べています。時々気の利いたことを言えば、本来の自分よりも聡明な人物だと思われ、成功する確率を高められます。負けると悟ったときにもできるだけ冷静になり、無駄口をきかなければ、多少なりとも利益を上げられます。たとえ半分でも利益をあげられれば良しと考え、相手の話に耳を傾けましょう。考え、行動することでピンチをチャンスに変えられます。

問題が起きた時に怯むのは、弱さの表れである。(ソロモン)

失敗しても心身の健康を維持できれば、いくらでも復活可能です。どんなに辛いことが起こっても人は立ち直れます。大きな問題を抱えていても、自分の体が健康であれば、巻き返しのチャンスは訪れます。お金や物を失うことになっても、自分という土台があれば、復活することはいくらでも可能です。私もなんども失敗から立ち直ってきたので、あきらめない心と健康な体を維持すべきだという著者のアドバイスに共感を覚えました。

まとめ

マキャベリの教えは冷徹で手段を選びませんが、真の成功を目指すなら、彼の教えを信じない方が良さそうです。元マフィアのマイケル・フランゼーゼはマキャベリよりもソロモン王の言葉を信じ、それを実践すべきだと述べています。本当の成功のためには、誠実で、高潔で、勤勉であった方がよいのです。自分のビジョンを達成するためには、計画を練り、コツコツと行動した方がよいことを著者のマイケルはマフィアと真っ当な人生の両方を体験することで突き止めたのです。

Loading Facebook Comments ...

コメント