外側の目標と内面のどちらを充実させるか?

 いちばん欲しいものを尋ねられて、外側の状況を答える人は、少なくとも二つの点で間違っている。一つは、外側の状況が本当の幸せと満ち足りた気持ちをもたらしてくれると信じていること。そしてもう一つは、外側の状況さえ達成すれば、内面の状態(愛、喜び、平安など)もすぐに手に入ると信じていることだ。歴史を振り返れば、偉大な精神の教師たちはみな同じことを言っている。それは、快楽を追い求め、苦痛を避けるという生き方では、人生の成功は手に入らないということだ。つねに愛と真実の状態で生きている人だけが、本当の成功を手に入れることができる。(アレクサンダー・ロイド)

 

なぜ「内面の状態」が正しい答えなのか?

アレクサンダー・ロイド「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいくを移動の飛行機の中で、再読したので、改めてブログで紹介したいと思います。多くの人は人生の目標を外側の状態に設定していますが、それではなかなかうまくいかないとロイドは述べています。逆に人生の目標を内面の状態にしている人はうまくいく可能性が高いのです。

内面を人生の目標にすることで、次の5つのことが期待できます。
①いつでも目標を達成できる 
②一度達成すれば、もう誰にも奪われない
③一度達成すれば、必ず完全に満ち足りた気持ちになれる
④内面の状態をいちばんの目標にすると、欲しいと思っている外側の状況もボーナスとして手に入る

⑤内面が愛、喜び、平安の状態になると、理想の外側の状況を達成する力も手に入る
内面が変われば、人生が大きく変わり、理想の外側も手に入れられます。目標を達成し、自分に自信を持てるようになると心だけでなく、金銭的にも豊かになれるのです。

心の中に恐怖があれば、人はいくらお金があっても不幸になり、愛に溢れた生活を送っていれば、人は幸せな気持ちを味わえるのです。個人の欲求を達成するのではなく、周りの人とのWin-Winを目標にすることで、恐人生がうまくいくようになり、幸せな気持ちを味わえるようになります。

人生で本当にいちばん大切なものを手に入れるいちばんの方法は、「偉大なる原則」を活用することです。この原則のコンセプトはいたってシンプルて、ストレス反応を引き起こすようなことと正反対のことをするだけです。具体的には、意志の力で手に入れようとしている何らかの外側の状況があるなら、それをあきらめてしまうのです。

その代わりに、愛と喜びと平安で満たされた内面を手に入れることを目標にするのです。それが手に入れば、外側の状況を達成する力にもなります。

最高の成功を手に入れるには、ただ愛の中に生きて、目の前の瞬間に集中するだけでいいのです。

内側に意識を向け、ストレスを生まないこと

外側の状況をよくすることが成功だと思っていると、確実に失敗することになります。目標としている結果が手に入らないだけでなく、人生のあらゆる分野で失敗する可能性を高めてしまいます。

外側の状況を人生最大の目標にすると、慢性的にストレスを抱えることになり、それがあなたの成功を妨げます。

「自分の得になるか?」という観点からすべての物事を眺めると、短期的には欲しいものが手に入るかもしれませんが、長い目で見れば大きな苦痛につながり、失敗することになるとロイドは指摘します。相手に敬意を持ち、「自分の得になるか?」という考え方を捨てれば、完全に満たされた本当の幸せを手に入れることができるようになります。

頭と心の再プログラミングを行わず、ただ意志の力だけで成功しようとしているなら、成功する確率は100万分のーになり、失敗する確率は100万倍になるとロイドは言います。これを無理に行うと、多大なストレスにさらされるので、失敗する確率をさらに高めてしまいます。

人類は数千年も前から、ハート(潜在意識)がすべての問題の根源であることを知っていました。現代人は物質と精神を分けて考える古いパラダイムに縛られていたために、スピリチュアルの知識を肉体に応用することができずにいます。だ。外側に意識を向けるのをやめ、自分に優しく接して、内面を充実させることが重要です。

まとめ

成功を実現するために必要なのは、問題にガンジーは「歴史を振り返ると、いつも真実と愛が勝ってきた」と言いましたが、この言葉を信じて、心を整え、他者に貢献しましょう!

 

Loading Facebook Comments ...

コメント