リンダ・グラットン

スポンサーリンク
セレクト

ジャレド・ダイアモンドとリンダ・グラットンから学ぶ、人生100年時代の働き方

日本は世界で最も高齢者が多い国です。定年退職制という馬鹿げた制度を続けるのではなく、働き続けたいと思う高齢者の雇用機会を確保し、彼らを最大限に活用する方法を見つけるべきです。肉体労働で高齢者を雇うのではなく、管理者やアドバイザー、監督な...
習慣化

長時間労働がダメな理由をリンダ・グラットンに学ぶ!

もう一つは長時間労働。職場に長くいると、多様な人的ネットワーク、新しい経験を受け入れる姿勢、肉体的・精神的な健康といった「無形資産」を築くチャンスが奪われてしまう。お金に換算できる「有形資産」はもちろん大切だが、換算できない無形資産こそが1...
習慣化

現状維持が危険な理由

未来の予測がつかないために、私たちは自分の未来について過度に楽観的なシナリオを描くか、過度に悲観的なシナリオを描くかになりがちだ。悲観的な考え方をしすぎると、人は適切な選択をすることに及び腰になる。また、ほとんどの人は、未来の自分のためにな...
習慣化

ルーチン・バスティングで新たな一歩を踏み出そう!

自分についての知識と多様性に富んだ人的ネットワークは、変身の基盤をつくり出す。しかし、変身資産にダイナミズムをもたらすのは、実際の行動だ。過去に例のない大胆な解決策を受け入れる姿勢、古い常識ややり方に疑問を投げかけることをいとわない姿勢、画...
習慣化

若者の結婚観・子育て観等に関する調査から、私が考えたこと。

人間は、一人では人間ではない。(テニソン) 「若者の結婚観・子育て観等に関する調査」を 独立行政法人・国立青少年教育振興機構が発表したのですが この結果を読んで思い出したのが、冒頭のテニソンの言葉です。 人は一人では人間で...
習慣化

人生100歳時代に健康が欠かせない理由

長寿化時代には、健康の価値がいっそう大きくなる。50歳のときに病気で働けなくなることのダメージは、寿命70歳の時代より、寿命100歳の時代のほうがずっと大きい。100年以上にわたりマルチステージの人生を生きるためには、健康を維持することがき...
習慣化

ワークとライフが再統合され、私たちはスマートシティに住むようになる!

フルタイムやパートタイムで雇われて働くのではなく、次々と多くの顧客の依頼を受けて働くことで生計を立てるそういう働き方をする人が増えるのがギグ・エコノミーだ。すでに、アップワークなどのクラウドソーシング・サイトで自分のスキルを売ったり、問題解...
習慣化

未来をよりよくするためには、ポッセという人脈の力が欠かせない!

二十代の頃より10倍金持ちになったという六十代の人間を見つけることは簡単だ。だが、そのうちのだれもが10倍幸せになったとは言わないはずだ。(バーナード・ショー) リンダ・グラットンの新刊LIFE SHIFT(ライフ・シフト)の書評ブロ...
習慣化

私が104歳まで、長生きるするためにすべきこと

健康も長寿も運命も成功も、極論すると、人生の一切合財のすべてが、積極精神というもので決定される。(中村天風) 私の100の夢リストの中には、104歳まで生きるという目標があります。 それも健康に、スタイリッシュに歳を重ね...
習慣化

人生100歳時代の生き方をリンダ・グラットンに学ぶ。

100歳まで生きるとして、勤労時代に毎年所得の約10%を貯蓄し、引退後は最終所得の50%相当の資金で毎年暮らしたいと考える場合、あなたは何歳で引退できるか?(リンダ・グラットン) リンダ・グラットンの新刊LIFE SHIFT(ライフ...
スポンサーリンク