対立を避けるためにすぐに取り入れたいたった一つの方法。 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
自分が正しいと思ってばかりいると、やがては人と対立してしまいます。
対立が気分を落ち込ませ、不幸の入り口になってしまうのです。
どうすれば、人と対立せずに平穏に生きられるのでしょうか?
ウェイン・W・ダイアーは人との対立を避ける方法を教えてくれています。
相手をコントローするなんてできっこないにも関わらず
人はそれに対して必要以上に情熱を傾けます。
自分が正しく、相手が間違っているという感情を
一旦ゴミ箱に捨て去れば、心の安寧を得られるのです。
自分のエゴを捨て去ることで、相手との対立が避けられるのです。
「言い訳」をやめるといいことがたくさん起こる!からダイアーの言葉を引用します。

長年の思考習慣と、それに付随する言い訳は、「自分が正しくて、相手が間違っている」と決めつけることから生じている。この第一の徳を実践すれば、対立をなくせる。対立するから、自分が正しい理由を証明したくなるのだ。自分の人間関係を振り返って、どれほどのエネルギーが「人を受容し許すこと」よりも、「人を支配しコントロールすること」に向けられていたかを考えてみてほしい。 

長年の悪い思考習慣をすべて紙に書き出して
一つ一つどこが悪いのかを考えてみましょう。
もし、人と対立することが多いのならば、その理由を見つけてみましょう。
大概は自分のエゴが影響しているはずです。
自分の視点ではなく、相手の立場で考え、コミュニケーションしてみれば
徐々に相手の態度も変わってくるはずです。

人生で出会うすべての人に、親切心と思いやりを広げていくほど、相手が自分の期待にそわないからといって、人を責めたりしなくなる。人にやさしくするとは、相手に自分と同じようになれと主張するのではなく、相手の「ありのまま」を受け入れることを意味している。こうした生き方を実践すると、非難やグチは消えて、平安な世界を享受できる。

相手を自分の鏡で評価していては、相手の良さがわからないまま
狭い世界で生きていくことになりかねません。
自分と感覚が近い人とばかりの交流だけでは、自分を成長させられないのです。
相手のありのままを受け入れるように自分のエゴを捨て去れば
優しい気持ちになれ、相当気分はスッキリするはずです。

自分が正しく、相手が間違っていると決めつけることで
チャンスをロスしている可能性もあります。
自分が足りていないと思い、相手の話を傾聴するようになれば
新たな発見や気づきももらえるのです。
我を張ってよいことなど何もないと思いましょう!

相手もあなたの態度が変容することで、あなたのことを理解しようとするはずです。
よいコミュニケーションを重ねることで、強力な応援者になってくれるかもしれません。
嫌な相手だと思ってた人が自分の味方になれば、人脈は更に強化されます。
よいネットワークが広がれば広がるほど
チャンスが引き寄せられる可能性も高まりますから
自我を捨てて、相手との関係を強化することに時間を費やしましょう。
対立するより、はるかに良い時間が過ごせ、素晴らしい結果が得られるはずです。
エゴを捨てる努力を私も心がけたいと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

言い訳の関連記事
ウェイン・W・ワンダーの関連記事
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る