言い訳を止めるとなぜ幸せになるのか?をウェィン・W・ダイアーに教わる! #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この何日間かは言い訳の弊害について考えていますが
言い訳を言わないように努力すると自分との対話が始まります。

人が使う言い訳リストを考えてみると
■私にはできない
■私は忙しい
■私は怖い
■私には価値がない
■誰も私を助けてくれない
■私は年をとりすぎている
■私は疲れている などが代表的なものでしょう。

しかし、ここで「なぜ」という質問をすることで、言い訳が消えることに気づきました。
なぜ、私にはできないだろうか?→知識がない→本を読もう→先生を探そう!→できた!
なぜ、私は忙しいのだろうか?→優先順位を決める。→無駄な時間を発見→できた!
という風に簡単な質問をするだけで、アクションできるようになります。
要は面倒だと思う前に、行動につながる質問を心がければよいのです。

ウェイン・W・ダイアー「言い訳」をやめるといいことがたくさん起こる!では
言い訳には「私、私、私」などのエゴが付随していて
これを捨て去ることが重要だと書かれています。

「私にはできない」「私は忙しい」「私は怖い」「私には価値がない」「誰も私を助けてくれない」「私は年をとりすぎている」「私は疲れている」、どれもみな、「私、私、私」だ。では、自分自身から注意を逸らせ、宇宙の心に「何かお役に立つことはありませんか」と尋ねてほしい。人の役に立っているとき、あなたは無意識にエゴを頭から追い出している。 そして、エゴがなくなれば、神に近づいているのだ。神のように考え、行動するとき、言い訳を使う必要は霧消する。

このエゴから抜け出し、注意を逸らすために
「何かお役に立つことはありませんか」という質問をし
他者への貢献を始めると言い訳がなくなっていくのです。
年をとりすぎているからこそ、今を大事にすべきなのです。
来年は歩けなくなっているかもしれません。
いつでも今が残りの人生で一番若いと考えれば、行動が怖くなくなります。

言い訳の替わりに他者への貢献を始めれば、脳も喜びを感じ、満足します。
自分をごまかし、言い訳で無駄な時間を使うか?
他者へのアクションを通じて、幸せになるか? のどちらかを選ぶだけなのです。

言い訳を言わずに、他者に貢献することが幸せの入り口だと気づければ
言い訳を考えるのがバカらしくなります。

見返りを(「ありがとう」の言葉さえも)期待することなく、人に与え、奉仕すること。最大の喜びは、与え、奉仕することから生まれる。自分のことや、自分の得になることばかり考える習慣をやめてみよう。何の見返りも期待せずに他者を助けていると、自分が欲しいもののことをあまり考えなくなり、「与え、奉仕する」という行ないに心地よさと喜びを見出すだろう。

幸せを感じるのは結局は自分自身なのですから
自分の感情をコントロールすることを覚えればよいのです。
ウェイン・W・ダイアーのレベルにはなかなか行かないかもしれませんが
言い訳をいわないことをルール化すれば、行動は間違いなく変わるはずです。

楽な言い訳を使うか?ほんの少しのアクションで貢献を始めるか?を選ぶならば
後者を選んだ方がよいに決まっています。
言い訳を撃退して、貢献することを考えるようになると、エゴすらなくせるのです。

今日も言い訳を言わない一日にしていきたいと思います。
習慣化ブログを読んでいただき、ありがとうございます!

言い訳の関連記事
ウェイン・W・ワンダーの関連記事
  
Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る