疲れているという言葉を禁句にしよう! #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

50を過ぎたあたりから「疲れている」が口癖になっていました。
ウェイン・W・ダイアー「言い訳」をやめるといいことがたくさん起こる!を読んでいて
この「疲れている」という言葉もネガティブワードだと気づき
禁句リストに入れることを決めました。

疲れたと言わないのはなかなか難しそうですが
ネガティブな言葉を使わないことを意識するだけで
相当気分は変わりますから、日々の目標にしています。

私は二十代前半のとき、「疲れている」という言い訳に対して、想像力のトレーニングをした。この言い訳を頻繁に耳にしたために、とうとうマインド・ウイルスに感染し、私も日常的に使つようになってしまっていたのだ。この言い訳は便利だが、やる気を奪われてしまう。なぜなら、自分がどれほど疲れているかを考えたり話したりすることで、実際よりもさらに疲れ果ててしまうからだ。 「疲れている」と口にすればするほど、肉体的に疲労する理由がないときでさえ、エネルギーが奪われていく。(ウェイン・W・ダイアー)

ダイアーの文章を読めば、「疲れている」という言葉の恐ろしさがよくわかります。
「疲れている」と言うことで、より自分を疲れさせてまうのであれば
この言葉は禁句にした方がよいですね。

ある日一人の友人が「自分はもうヘトヘトなので、予定していた週末のワークショップをキャンセルしたい」というのを聞いたとき、私は金輪際、この言い訳を使わないと決心した。人に(あるいは自分自身にも)二度と「疲れた」といわないと心に誓ったのだ。そして、自分には無限のエネルギーが備わっていると想像するようにした。睡眠習慣も変えず、エネルギー源になるサプリメントも飲まず、生活スタイルも変えなかったが、ただ、「自分は高いエネルギーをもった人間だ」と思うようにした。自分を「疲労とは無縁の人間」と見るようになったのだ。すべては、私の中に出現した新しい考え方からはじまった。それから約四十年がたつが、私は今日に至るまで、「疲れた」と考えることさえ断固として拒否している。

疲れたということは実はチャンスロスになるのです。
疲れたから、明日やろうと言い出すと、どんどん先延ばしが起こり
会いたい相手に会えなくなったり、やりたいことができなくなるのです。
これでは幸運の女神が逃げかねません。

一方、ダイアーが言う様に自分にエネルギーが備わっていると思えば
不思議とパワーがわいてきて、行動に繋げます。
ダイアーのこの言葉に遅まきながら出逢えて本当に良かったです。
疲労とは無縁の人間だと自分に言い聞かせることで、脳の働きが変わるのです。

言葉を変えると人生が変わるとよく言いますが
疲れたというバッドワードを捨て去ることを日々心がけています。
なかなか難しい目標かもしれませんが、意識するだけでも違うと思います。

有名なマザー・テレサの言葉は何度読み返しても素晴らしいのですが
思考と言葉を変えることが、やはり変化のキッカケになるのですね。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。 
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

疲れたという替わりに、今からできることをやろうと考え行動してみましょう。
今朝もそう思いながら、このブログを書き終えました。
疲れたと言う替わりに、書くことで達成感を得られ、脳も元気になりました。
言い訳を使わなかったために全く違う結果になったのです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

マザー・テレサの関連記事
マザー・テレサの関連記事②
  
Pnoto Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る