日本のベンチャービジネスの海外進出に関して考えてみる。メモです。

昨日4月26日も
レギュラーでコメントさせていただいている
Looops.TV に出演させていただきました。
スタジオはソーシャルおじさんのホーム
ユーストリームスタジオ 恵比寿から配信させていただきました。

昨日のゲストは若いベンチャー経営者の二人でした。
一人はTechCrunch Japan主催の
Teclosion Spring 2011 スタートアップバトル最優秀賞、
またOpen Network Lab主催
第2期Seed Accelerator最優秀賞を獲得している
Wondershakeの鈴 木 仁士さん。
もう一人が、Open Network Lab主催
第1期Seed Accelerator最優秀賞の
gifteeの太田 睦 さんでした。
特に鈴木さんは英語のプレゼンを心がけていて
ツイートも英語で
日本のベンチャーの世界進出もここまできたかと
感動しながらスタジオで
お話を聞いていました。


昨日のLooops.TVのソーシャルおじさんのコーナーで
二人の若者のプレゼンに影響されたのかもしれませんが
突然高須賀宣さんの発言を思い出して、紹介していました。
高須賀さんは2006年にアメリカのポートランドで起業して
様々なマーケティングチャレンジを行ってきた経営者です。
その高須賀さんは
ソーシャルおじさん徳本にいつも
現地から情報発信する必要性を熱く語ってくれていました。
ソフトウェアーで世界を目指すなら
アメリカなどの英語圏でシェアがナンバー1にならないと
世界一になれる理由がない。
アメリカのメディアやブログから情報発信することで
(現地の企業として活動するということ)
世界中に一気に情報が発信できることを
リアルに体験されていた高須賀さん。
少しだけ昨日はその時の高須賀さんの発言を
若いベンチャー経営者の成功のために
引用させていただきました。
日本のサービスが世界のスタンダードになると
楽しそう!!
ワクワクできる日も近そうですね。

Loading Facebook Comments ...

コメント