SuperBowlのトップ10CMなどなど

ブログ

先日もSuperBowl番組のソーシャル化について、前回このブログに書きましたが
海外ブロガーの間では、番組オンエアー後も
CMの内容やソーシャルメディアでの拡散について積極的に語られています。

今日はSuperBowlのCMトップ10という記事を見つけましたのでご紹介します。
ネタ元はMarkethigmag.comのTop10 ads of Super Bowl 2012です。
まずは10位の証券会社のE−tradeから1位まで順番に見ていきましょう。

10. E-trade – ‘Baby Speed Dating’


赤ちゃんの笑顔が印象的ですね。
アメリカでも赤ちゃんのCMは本当にキラーコンテンツですね。

9. Dannon Oikos Greek Yogurt – ‘The Tease’


ロマンティクなCMかと思いきや!これは受けました。
YouTubeでの視聴回数も48万回をオーバーしています。凄い再生回数ですね!

8. SKECHERS – ‘Mr Quiggly’

SKECHERSのドッグレースもいい感じです。(動画はリンクからご覧ください)
こういう判りやすいCMはアメリカが多人種国家故だからでしょうか?
犬の表情一つとっても作りが上手ですね。

7. M&Ms – ‘Just My Shell’


これも様々なサイトで取り上げられているM&MsのCM。
大人の笑える世界が受けているのでしょうか?
YouTubeでの視聴回数は210万回近くに上がっています。


6. Pepsi – ‘King’s Court’


これも相当話題になっていたコーラCM戦争、 Pepsiは一分のロングバージョンで
なんと主演はエルトンジョンですね!
アメリカらしいといえば、アメリカらしいのでしょうが!
私はコカコーラのシロクマシリーズの方が好きです。
皆さんはいかがですか?
ところで、一体このCM制作費はいくらなのでしょうか?知りたいです。


5. Samsung – ‘Thing Called Love’

SamsungのCMもロングバージョンです。(こちらもリンクからご覧ください。)
オープニングは結構しかし、途中からのばかばかしさは一体何なんでしょう?
お金がかかっているのはよくわかりますが、ちょっとびっくりです。


4. Chevy Silverado – ’2012′


海外のソーシャルメディアでは相当話題になっていたChevyですが
このクールな映像は相当インパクトがあります。個人的にはこのCMは結構好きです。


3. Bud Light – ‘Weego’


Help rescue dogは相当笑えますね。こちらも犬のCMですが
動物コンテンツは判りやすく、本当に強いですね。
こちらも75万回視聴という凄い数字をYoutubeで稼ぎだしています。

2. Coca-Cola – NY vs NE polar bears (series)


コカコーラのシロクマ保護キャンペーンも話題になっていました。
昨年から始まった寄付型のコカコーラのシロクマキャンペーンですが
白と赤の微笑ましいクリエイティブが印象的です。
また、Open happinessのメッセージもシロクマ保護のキャンペーンを考えると
意味が深く良く判ります。
このキャンペーンの詳細はこちらのブログでご確認ください。

1. Volkswagen – ‘The Dog Strikes Back’

これが1位なのはよくわかります。
CMを見ればわかりますが、Volkswagenのダースベーダーはずるいですね。
日本のブログでも話題になっていましたが
当日のtwitterでのBuzzも相当凄かったです。

ところで先日紹介したあのDoritosのCMはここには選ばれていませんでしたが
しっかり以前のティザー編「Top10 teasers for Super Bowl 2012」
紹介されていました。こちらも面白いのでご覧ください。

前回も書きましたが、TVCMをTVメディアだけではなく
PCやiPadのデバイスで事前にティザーから視聴者に見せ
SuperBowl当日に大きな山を設け
ユーザーにコンタクトするのがあたりまえになってきました。
そして、twitter FB YouTubeのソーシャルを連携させて
リーチを最大化させるコミュニケーションデザインや
CMのクリエイティブは本当に勉強になります。
来年のSuperBowlが早くも楽しみになってきました。

Follow Me on Pinterest
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました!

Loading Facebook Comments ...

コメント