iOs6の地図問題の雑感。

ブログ

iOs6、そしてiPhone5がリリースされて10日以上時間が経ちましたが
相変わらず、iOs6の地図は評判が悪いですね。
私などもFoursqureにチェックインするたびに
地図を見て、がっかりしてしまいます。
以前のスティーブ・ジョブズ体制であれば
このレベルでリリースはしなかったのではないでしょうか!

そんな中、AppleのCEOのティム・クック氏が
正式な謝罪内容をWebサイトで公開しました。
日本語サイトでも同様の謝罪が行われていますので、以下引用しておきます。

お客様へ
Appleは、お客様に最高の体験をお届けする、
世界で最高レベルの製品を作ることに取り組み続けています。
しかし、先週提供を開始した新しいマップは、
自分たちに課したその基準に達することができませんでした。
お客様にご迷惑をおかけてしていることに対し、心よりお詫び申し上げます。
現在私たちは、マップをより良いものにするために最善を尽くしています。

私たちがマップの提供を始めたのは、iOSの最初のバージョンをリリースした時です。
その後、時が経つにつれ、ルート案内、音声の統合、 Flyover、
ベクターベースの地図といった機能を持つ、
より優れたマップをお届けしたいと考えるようになりました。
そのためには、新しいバージョンの マップを一から作る必要がありました。
Appleの新しいマップを利用しているiOSデバイスの数はすでに1億台を超えており、
その数は毎日増え続けています。
新しいマップを搭 載したiOSデバイスのユーザーが検索した場所は、
わずか一週間あまりで約5億にのぼりました。
より多くのお客様にご利用いただくほど、マップはより良いものになります。
皆様からお寄せいただいたフィードバックに対し、心よりお礼申し上げます。
私たちがマップの改良に取り組んでいる間、皆様にはApp Storeから
「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの地図アプリケーションを
ダウンロードしていただけます。Googleマップのウェブサイトにアクセスして、
そのアイコンをホーム画面に作成し、マップを使うこともできます。
Appleは、自分たちの製品を世界で最高のものにすることを常に目指しています。
皆様がそのことをAppleに期待していることも、私たちは理解しています。
私たちはマップがこの極めて高い水準に達するまで、絶えず努力を続けていきます。
Tim Cook
Apple CEO(最高経営責任者)

AppleのCEOのTim Cookは、アプリの改善を進めていくことを約束していますが
当面は、なんと他社の地図アプリをリスト化し
App StoreでレコメンドしているというAppleらしからぬ淋しい状況です。
海外では、GoogleのGoogleマップやMicrosoftのBing、Nokiaなど
各社のモバイル向けWebサービスによる地図情報をレコメンドしています。

日本版では「地図マピオン」「地図 Yahoo!ロコ」などが推奨されています。
国別でレコメンドには違いがあるようですが
日本では「NAVITIME for iPhone」、「MapFan for iPhone」「いつもNAVI」の
合計5つのアプリがセレクトされています。
地図アプリ業界にとっては、Appleの失態が追い風になっているかもしれません。

この新しいAppleのマップサービスが、いつ改善されるのかはわかりませんが
当面は、Googleマップを使わざるを得ないですね。
今回の失態をリカバーする機敏な改善が、Appleには必要なのではないのでしょうか?

■ソーシャルおじさんのセミナー告知です。
来週10月5日(金)にセミナーを開催します。
ソーシャルおじさん徳本のブランディング奮闘と
小澤さんのパーソナルブランディングのテクニックの二部構成の勉強会です。

パーソナルブランディングでビジネスを活性化したい方に
是非お話を聞いていただければと思います。
こんな方々にお話を聞いていただきたいです!
●会社や人間関係で信頼され、影響力をもちたい。
●新しい分野での仕事など幅を広げていきたい。
●ブログやfacebookを活用してブランディングしたい。
●〜〜の専門家として認識され、仕事を増やしていきたい。


■10月5日19時から 麹町クオリティ株式会社会議室
お申し込みはこちらから  
ビジネス活用セルフブランディング講座 with ソーシャルおじさん

キーマンズネットのアプリ記事連載です
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  

Loading Facebook Comments ...

コメント