Evernoteを便利にするアプリ3選 QuickEver、EverGear 、Cleverが優れている理由。#iPhone

Evernoteは便利なアプリで、記録のためのプラットフォームになっています。
そのEvernoteをより便利にするためのアプリがサードパーティーから
いくつもリリースされていますので、簡単にチェックしておきましょう。
これらを活用することで、あなたのEvernoteライフはよりスムーズになるはずです。

Evernoteアプリは動作が遅いため、出先で立ち上げるとイライラします。

そんなときにはQuickEver-Evernoteに素早くノートを作成、リマインダーにも対応
使うと便利です。

アプリを起動するとすぐに入力画面が現れ、ロスタイムなしで瞬時にメモが取れます。
ノートの記入が完了したら、右上の象アイコンをタップするだけで
Evernoteへ簡単にメモが保存できます。
移動中にアイデアが浮かんだら、忘れないうちに
すぐにメモを書いて送るように習慣化すれば
Evernoteの中に貴重なアイデアがどんどんストックされていきます。
これを時々見返すことで、ビジネスによい効果をもたらすようになります。
当然、ノートブックやタグの指定もできます。

画面下からリマインダーの設定も出来ますから

iのアイコンから時間を指定することで
メモをEvernoteで企画書に作成するタイミングを作り出せます。

また、設定画面の通知設定で通知センターから素早く起動することが出来ます。
ニュース記事や名言などのアプリを使っていて、保存したいと思ったら
その言葉をコピーし、通知センターからアプリを起動するだけです。

メモだけでなくEvernoteには写真を簡単に残したいという欲求もあります。
そんなときにはEverGear – Evernote投稿ツールが便利です。
写真だけでなく、EverGearを使うと簡単に写真を送信できます。それもメモ付きで!です。
設定で「写真のメタデータを使う」と「位置情報を写真に記録」するをオンにしておくと

Evernoteに撮影日時や位置情報を残せます。
写真を撮影し送信する」か「メモを書いて写真を添付する」をまずは選びましょう。

ホーム画面下のアイコンから、写真をとりたい場合は「カメラ」アイコンを
テキスト入力の場合は「テキスト」アイコンをタップします。

UIはシンプルなので、使っているうちにすぐに慣れると思います。
写真のみの場合は、撮影したら、画面右上の↑アイコンをタップすれば
Evernoteに送信できますから、気になったモノがあれば、保存しておきましょう。
写真にはテキストも追記できます。

メモの場合はテキストをまずは入力しましょう。
画面中央のアイコンタップでで日付、時間を入力できます。
画像のアイコンをタップすれば、カメラロールから写真を選べます。
入力したテキストの1行目はEvernoteのノートのタイトルになり
2行目からは、ノート本文に保存されます。
このタイトルと本文のルールは覚えておくとよいでしょう。
カメラロールの写真を選べば、10枚まで写真を同時に送信できます。
写真を一括でEvernoteのノートに送信できるこの機能は本当に便利です。
属性タブからはEvernoteのノートの指定も可能ですから
これでEvrnoteを「写真日記」や「名刺管理」などにも使えるようになります。
純正のEvernoteアプリの動作が遅くて悩んでいる人も多いと思います。

そんなときには、動作が軽快なClever – できる大人のEvernoteクライアントを活用して
ストレスなしにEvernoteライフをエンジョイしましょう。

ノートブックの登録などもこのCleverから可能です。
「名刺」やメインで使っているノートやノートブックをメニューに登録しておけば
直ぐに閲覧したり編集したりすることが可能になります。

検索などのUIもよく、スピードも早い印象があります。

編集もメモリ使用量を抑える追記モードを搭載しているので
ノートの編集も今まで純正のEvernoteを使うより楽になります。 
タグをつけたり、編集したりなどEvernoteでできることを
軽快な動作で行うことができますから、インストールしておくとよいでしょう。

QuickEver は200円、EverGear – Evernote投稿ツールは400円
Clever – できる大人のEvernoteクライアント400円とどれも有料ですが
Evernoteの生産性をアップしてくれますから、ぜひ活用下さい。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。
  
PHOTO CREDIT
この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました