テレアポで勝ち残るたった一つの法則 #習慣化

拒絶されることは、成功を追求するうえで必要な一つのステップにすぎない。
(ボー・ベネット )
人は拒絶されたり、拒絶されることを想像することで行動を起こせなくなります。
あるいは、早々とアクションを諦めてしまうのです。

しかし、この拒絶を想像することは、あまり意味がないことなのです。
ジャック・キャンフィールドケント・ヒーリー
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言には
電話で拒絶されても、諦めなければ結果が出せると書かれています。

ノートルダム大学のマーケティングのスペシャリストであるハーバート・トゥルー博士が、セールスパーソンの実態に関する詳細な研究をもとに、次のような統計を発表しています。・44パーセントが1回目の電話かけであきらめる。・24パーセントが2回目の電話かけであきらめる。・14パーセントが3回目の電話かけであきらめる。・12パーセントが4回目の電話かけであきらめる。以上の数字をすべて足せば、すべてのセールスパーソンの94パーセントが4回目の電話かけまでであきらめていることになります。 

多くのセールスパーソンが結果が出る前に電話かけを諦めています。
しかし、驚くことにハードルを乗越えることで成果が得られるのです。
ハーバート・トゥルー博士の調査レポートによると
継続がポイントだということがよくわかります。

ここに興味深い事実があります。すべての販売の60パーセントは、5回目以降の電話かけで成立しているのです。ということは、すべてのセールスパーソンの94パーセントが販売のチャンスの60パーセントを逸していることになります。 

テレアポはとてもつらい仕事なのですが
この数字を知っていれば、諦めない気持ちを養うことが重要だとわかります。
私もこの数字を知ってとてもビックリし、諦めないことを決めました。

ジャックとケントの著者二人は、粘り強さを他のことにも使うべきだと言います。
以前も書きましたが、頼むこと、助けを求めることを遠慮してはいけないのです。
パーシー・ロスの以下の言葉を私たちは忘れてはならないのです。

あなたは頼まなければならない。 私の意見では、頼むことがこの世で最も効果的で、 最も見落とされがちな成功の秘訣である。 (パーシー・ロス)

人はみな各分野のセールスパーソンなのです。
自分のアイデアや目標があっても、人に知られないと意味がありません。
自分の意志を相手に伝え、応援してもらうことを心がければ
やがてはよい引き寄せが始まります。

商品を売るために電話かけをすることも、目標を達成するために人に助けを求めることも、本質的には同じです。リスクをとって、進んで代償を払うかどうかが問われているからです。よく考えてみると、人はみな各分野のセールスパーソンです。なぜなら、自分のアイデアや夢、目標、能力を売って生計を立てているからです。世界的な成功者ですらそうです。要は、粘り強く助けを求めるかどうかです。成功する人はみなそうやって成功を手にします。それが最高の人生を手に入れる秘訣です。

「成功する人は粘り強く助けを求める」という言葉が今の私にはとても響きました。
また、人から助けてもらうことは、もしかすると相手のビジネスにもプラスになります。
よい情報をお互いで共有し、応援し合うことで、面白いことが起こせるのです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言の関連記事①
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言の関連記事②
  
Photo Credit

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント