不平不満が未来を暗くするならば?

習慣化

不平不満を言うと、不平のタネをオーダーするようなもので、悪いことがさらに起こり、悪循環が永遠に続きます。それから逃れる道は、不平不満を言うのをやめて、ポジティブなことが起きたときに、感謝を表すことです。誰の人生にも、感謝できることは必ず、たくさん起こります。私は毎朝目が覚めたときに、自分がありがたいと思うことを五つ、紙に書きつけるようにしています。ただ頭で考えただけよりも、その印象が残るからです。はっきりと表現したことは、なぜか実現することになります。ネガティブな不幸なことを話せば、ネガティブな不幸なことが起こります。ありがたいと思っていることを話せば、よいことが引き寄せられます。自分が考えていることは、口から出ます。これが毎日の現実を形作っているのです。意識しなくても、あなたは毎日自分の人生のコースを敷いて、その上で生きています。その結果、快適な暮らしだったり、つらい暮らしだったりするわけです。(ウィル・ボウエン

スクリーンショット 2015-06-17 16.28.24

もう、不満は言わない(ウィル・ボウエン著)を読み返すことで
いかに私が不平不満を繰り返していたかが、よくわかりました。
ウィル・ボウエンのメッセージをアフォメーションにして
今日から、言葉の習慣を変えてみたいと思います。

人は良くないことが起こるから不満を言うのではありません。
不満を言うことで、人生をダメなものにしていくのです。
私たちは21日間不満を言わなければ、人生を好転させられるのです。

ザ・マジック(ロンダ・バーン著)を読むことで、私は感謝の心を持てるようになりました。
また、信じられないことに感謝日記を262日間継続できています。
感謝を習慣化することで、私は感情をコントロールする方法を学べました。
ありがとうと思うことで、自分が生かされていることに気づいたのです。
苦言を言ってくれる人には、以前はイライラを感じていましたが
感謝の気持ちを持つことで、穏やかな気持ちでその人の話を聞けるようになったのです。

感謝を習慣化できたのですから、今後は不平不満を言わないことにしたいと思います。
最近では、夢を宣言することで、良いことが引き寄せられてくるようになりました。
逆を考えれば、不平不満を言うことで、嫌な状況が運ばれてくると言うことです。
この法則に気づけば、不平不満を言うことは、全く意味がないとわかります。
この口癖を変えない限り、未来は暗くなってしまうのです。
私たちは、今すぐ、この悪習慣をやめるべきなのです。

言葉が人生を作り出すのだと覚えておけば、私たちはコミュニケーションはを変えられます。

言葉によって思考を表し、思考によってこの世界をつくり出しているのは私たちです。ロにする言葉を制御することができれば、欲することを引き寄せることができます。(ウィル・ボウエン

良い言葉を使うことで、良い仲間が引き寄せられてきます。
このルールを信じて、ネガティブな言葉を
ポジティブな言葉に置き換えていきましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: mountain42 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント