久米島での情報断捨離と海ぶどう工場の見学

TVを見ると僕たちをあほうにしようという陰謀の匂いを感じた。(スティーブ・ジョブズ)

スクリーンショット 2015-08-11 17.32.13

久米島での休暇中、ほとんどTVや新聞を見ませんでした。
自然の中で深呼吸しながら、ゆったりとした時間を過ごせました。
海を見たり、泳いだりしながら、情報をなるべく見ないようにしました。
そのため、悪いニュースが一切入ってこないので、笑顔の時間を過ごせました。

東京にいるとどうしても情報量が多くなりますが
何もないところで4日間過ごすと、情報断捨離ができ、頭がすっきりします。
iPhoneもカメラで写真を撮ることに使って、ソーシャルメディアも投稿のみに制限しました。
こうすることで、いかに普段は要らない情報に囲まれているかがよくわかりました。
いっぱい泳いだり、歩いたために、体も程よく疲れ
夜もあっという間に眠りにつけました。
年に一度の休暇でしたが、本島や他の離島に比べると
久米島ではすることがあまりないので、逆に贅沢な時間を過ごせました。
スクリーンショット 2015-08-11 17.42.00

久米島は海ぶどうの養殖が有名ですが、なんとこの海ぶどうの摘み取りができるのです。
海ぶどうの種の植え付けから出荷されるまでの工程を見学でき
実際に、地元のお母さんに教わりながら、海ぶどうの摘み取れます。
丁寧に海ぶどうを一本一本摘み取るのですが
この間m地元のお母さんとお話しでき、よい思い出になりました。

久米島は海洋深層水のおかげで、美味しい海ぶどうを養殖できるようになったのです。
宮古島や石垣島より、つぶのそろった海ぶどうを生産することで
新たな産業を生み出しています。
(工場のみなさんは、海洋深層水と海ぶどうに自信を持たれていました!)
実際に摘み取った海ぶどうは根として使われ、一ヶ月後に収穫されるそうです。
見学後は美味しい海ぶどうを食べられますし、お土産もいただけます。
海ぶどうで光合成も学習でき、夏休みの自由研究としても活用できます。
見学には前日までの予約が必要ですが、申し込む価値があります。
詳細は久米島海洋深層水開発さんにお問い合わせください。

この4日間は久米島の人たちのおかげで、とてもリッラクスできました。
お世話になった皆さん、ありがとうございました!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
食事 旅行 その他 ブログ 沖縄
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました