朝時間を完璧に過ごす方法。朝の神社での時間は私にとっては瞑想の時間。

ブログ

朝のわずかな時間は、午後の数万時間に匹敵する。(西洋の古いことわざ)

人生に望むものを手に入れるために不可欠な最初のステップは、欲しいものを決めること!それを決めて人生の目的を書き出したら、毎日読み上げる。できれば朝の時間に。(ベン・スタイン)

朝時間は自分との対話の時間

今日は札幌でのオフを楽しんでいます。
金曜日の出張を終え、ホテルでしっかり休息をとったおかげで
朝はいつも通りの早起きができました。
深呼吸をしながら、体にエネルギーを注ぎ込み
朝のシャワーで完全にリフレッシュできました。

私は毎朝、自分の夢リストを見返しようにしています。
今日は何をすべきかをリストを見ながら考え
やるべきことを決めるようにしています。

今朝も「今日をどう楽しむか?」という質問を繰り返しながら
ホテルのカフェでコーヒーをゆっくりと楽しみました。
今日やりたいことをいくつか書き出し、一日のプランを練りました。
休日の朝時間をエンジョイできると、それだけで幸せになれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成功している人は、なぜ神社に行くのか? [ 八木龍平 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)

朝の神社での時間は私にとっては瞑想の時間

その中でもっともワクワクしたプランが、札幌の神社旅だったので
身支度を済ませ、札幌の朝の風景を楽しみました。
朝の札幌の街、狸小路や二条市場やを歩きながら
北海道大神宮にお参りしました。

ここでいつもの朝の儀式である深呼吸を何度か行い
昨日への感謝と今日のタスクを整理しました。
感謝にフォーカスすると自分や時間を大切にしたくなります。
無駄な時間を過ごさなくなるのです。
大通公園の綺麗な花壇を通り過ぎる際に、札幌の爽やかな風を感じました。
深呼吸と朝の散歩のおかげで
私の心と体がエネルギーに満たされていることを感じました。

地下鉄の澄川駅で降り、次の目的地の相馬神社にお参りしました。
ここは、福島の相馬神社の分祀なのですが
前からお参りしたかったので、夢が叶いました。
自分の大通公園の綺麗な花壇を通り過ぎる際に、札幌の爽やかな風を感じました。
深呼吸を何度か繰り返し、地下鉄に乗って次の目的地に向かいました。
地下鉄の澄川駅で降り、相馬神社をお参りしました。
今朝の自分の選択のおかげだと、境内でお参りできたことを感謝しました。

人生が上手く行っている人の多くは、朝、瞑想をする習慣を持っているものです。朝、ギリギリに起き、バタバタと支度をし、始業時間の直前に職場に駆け込むような日は、一日中イライラしたまま過ごしてしまうものです。(佐藤康行)

私にとって、神社で過ごすことがマインドフルネスに繋がっています。
神社という神聖な場所では、iPhoneを触らないようにしています。
(初めての場所では、写真だけでは撮るようにしています。)
神社では、深呼吸を繰り返し、今ここに集中します。
お参りをしている間は感謝できることを考え、利他の心を養うようにしています。
ほんのわずかな時間ですが、神社での朝時間が
私の心をリフレッシュしてくれます。

今日は神社旅というプランのおかげで、午前中を価値あるものにできました。
もしもホテルでだらだらしていたら、こんなに気持ちよく過ごせなかったはずです。

まとめ

朝時間を大切にすることで、1日を有意義にできます。
早起きを習慣にし、今日やるべきことを自分に問いかけましょう。
私は毎朝、神社にお参りしながら、深呼吸をしています。
目を閉じ、大きな深呼吸を繰り返し、気持ちを落ち着かせることができます。
感謝の気持ちを持って、神社で瞑想することで
朝から、自分が幸せだと感じられます。
この朝の神社での瞑想で、良いスタートが切れ
一日を充実したものにできようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント