スティーブン・キングの名言から習慣の重要性を学ぶ!

習慣化

書くことは、自分自身を催眠術にかけるようなものです。毎日同じことをくり返す中で、トランス状態に入ることができます。私は、毎朝起きて、妻と朝食をとり、テレビでCNNを見て、お茶をいれてから、3時間半くらい座って書きます。(スティーブン・キング)


photo credit: wuestenigel Color pencils pointing center via photopin (license)

デイリーのルーティンがあなたの未来を明るくする!

スティーブン・キングは多作で知られる人気作家で
コンスタントに質の高い作品を出版しています。
大人になってから1年間に最低1冊は出版していますが
彼は書くことを日課にすることで、成功を引き寄せたのです。

キングは、毎朝早く起床して1日に3時間半の執筆を欠かせません。
習慣の力でいつも決まった一連の行動をし、執筆を自分の当たり前にしています。
朝ごはんやお茶と同じように書くことを日課にしています。

私はこのブログを書き始めたころ、このキングの言葉をなんども見返し
自分の習慣に取り入れることにしました。
デイリーのルーティンに書くことを加えることで
私はブログの執筆を自分の習慣にできました。
朝の時間はエネルギーがあふれ、この時間を活用することで生産性が高まります。

多くの人が起床後すぐに仕事に取りかかり、一日の始まりに持っているエネルギーを活用しようと心がける。昼間に多くの成果が上がると考えている人はほとんどいない。夜にまた仕事をする人もいれば、夜は自分のしたことを振り返ったり、家族と過ごしたり、仕事以外に関心のあることや趣味をする時間にしている人もいる。(アート・マークマン)

自分の大切なことのために朝時間を活用しましょう。
目標を具体的に書き出し、そのためのタスクを日課に取り入れるのです。
良い習慣をたくさん作ることで、いつの間にか夢が実現していきます。

行動し、ゴーシステムを活用しよう!

本当に作家になりたいなら、やるべきことは、2つのことです。たくさん読んで、たくさん書くことです。自分のやっていることを継続して、快感をおぼえないといけません。 自分のやっていることが好きじゃないといけません。(スティーブン・キング)

スティーブン・キングもゴーシステムを活用していることがわかります。
成功の障害は誰の人生にも常に存在します。
それを乗り越えるために仕組みづくりが欠かせません。
目標を阻害する誘惑に負けないために、自分の日課を作るのです。
良い習慣が成功を引き寄せてくれます。

自分が何をするかという実行意図と具体的計画を作ることで
多くの障害に対処する必要がでてきます。
行動を改善するというのは新しい街に旅するようなものですから
やるべきことや障害を洗い出し、いつ何をするかを決めなければなりません。
まずは小さなアクションをスタートし、脳のゴーシステムを動かすのです。
障害が出てきたときの対策を練り
悪い習慣をやめるための行動を起こすのです。
やることとやめることを明らかにし
小さなことでもよいので、新たな習慣を身につけましょう。

まとめ

スティーブン・キングの名言の中に行動改善のヒントがあります。
目標を具体的に書き出し、やることとやらないことをリストにします。
小さな行動でもよいので、自分の日課に取り入れましょう。
この行動を習慣にすることで、成功を引き寄せられるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

参考図書 アート・マークマンスマート・チェンジ
参考サイト(something beautiful…
作家を目指す人に向けた、スティーブン・キングの言葉をまとめてみた。
スマート・チェンジの関連記事

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント