ヘンリー・デイヴィッド・ソローの名言から考えたこと

習慣化

人生は、地球上で過ごした年数で測られるのではない。どれだけ楽しんだかで測られるのだ。(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)


photo credit: Javier Díaz Barrera (javierdiazbarrera.es) Últimos rayos del sol de verano via photopin (license)

自分の人生のCEOになる!

人生を楽しむと決めるとワクワク度が変わります。
私たちは大人になるとやりたいことをあきらめ
仕事中心のつまらぬ人生を送りがちです。
忙しいが当たり前になり、自分ために時間を使わなくなり
未来の自分を犠牲にしてしまいます。

しかし、いくつになっても人生を楽しむことはできます。
やりたくないことににフォーカスするのをやめ
本当にやりたいことに焦点をあてて、自分の人生を取り戻すのです。

やりたいことをやり始めると人生を楽しめるようになります。
日々、自分のために行動することで、充実感を得られます。
小さな達成感が積み重なることで失敗が苦にならなくなります。

すべての不幸は、幸福への踏み石に過ぎない。

失敗やつらいことも自分が行動したです。
失敗は自分の未来を明るくするものだと捉えることで
マインドが変わり、ますますポジティブに動けるようになります。
そのために、まずはワクワクすることを見つけて
自分の人生のCEOになりましょう!

 

変化することをよしとする!

ネットが発達した情報化社会を生きていると情報に流されてしまいます。
自分の意志をよほど強くしなければ
大量のニュースやソーシャルメディアの投稿に溺れ
貴重な時間を浪費してしまいます。
自分との対話の時間を持たないとやりたいことを見つけられません。
絶えずiPhoneの画面を覗いていると情報過多になり
考えるという行為がおざなりになります。

忙しいだけでは十分ではない。問題は何で忙しいかである」という
ソーローの言葉を時々思い出し、自分の行動を振り返りましょう。
ソーシャルメディアをROMすることで、自分を忙しくしているなら
その時間を他のことに置き換えてみるのです。
退屈な時間、ぼーっとする時間を持つ方が
はるかに価値があると多くの脳科学者が指摘します。
現代人は退屈を恐れていますが
自分との対話の時間を持ち、クリエイティブになるためには
何もしないことを選択すべきです。

この時間を持つことで、私たちは変化できるようになります。
自分のやりたいことを見つけ、人生をエンジョイすると決めましょう。
自分があまりに忙しいと感じたら、その理由を考えてみるのです。
未来の自分のための時間を確保しないと
時間はあっという間に過ぎ去り、未来の自分を後悔させることになります。

数年前の私はソーシャルメディアに多くの時間を費やし
自分のパフォーマンスを下げていました。
自分の時間を分析することで、その事実に気付いた私は
やりたいことをやるために時間を使えるようになりました。
逆算手帳感謝日記瞑想を習慣化することで
自分との対話の時間を増やすことができました。
ニュースやソーシャルメディアの時間が多いなと感じたら
ぜひ、自分のために時間を使ってみてください。
自分の意識を変えるだけで、未来の景色が少しづつ変わるはずです。

まとめ

自分の時間の使い方を変えることで人生は変わります。
忙しいと感じているなら、その理由を明らかにしましょう。
未来の自分をよりよくしたければ
今の自分の時間を変えるしかありません。
本当にやりたいことに時間を使ったり
クリエイティブに生きるために、退屈な時間を確保するべきです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント