過去に囚われずに未来に目を向けよう!

ある意味、過去はあらゆる生命の終わりの場所といっていいでしょう。しかし残念なことに95パーセントの人が人生の95パーセントの時間を、過去にとらわれて過ごしています。(ボブ・プロクター)

Clock photo created by onlyyouqj – www.freepik.com

必要以上に過去に囚われないようにしよう!

ボブ・プロクターイメージは物質化する書評を続けます。多くの人が過去に縛られ、貴重な時間を無駄にしています。以前の私も過去の体験に囚われ、今に集中できずにいました。しかし、過去に時間を費やしても、未来を変えることはできません。

年配の人たちがよく、昔はよかったと過去の思い出に浸って語ることがありますが、こうならないように時間を大切にすべきです。彼らは現在という貴重な時間を、昔を思い出すことに浪費してしまっているのです。

さらに悪いことに、起きている時間の大半を、過去のつらい出来事を思い出すのに費やす人もいます。過去に経験した、理不尽な出来事や他人から投げかけられた心ない言葉を、わざわざ心の中で再現することに貴重な時間を費やしているのです。あるいは過去の失敗や逃してしまったチャンスを思い出しては嘆き悲しんでいます。こうして彼らは、自らの心の中にマイナス(後ろ向き)の振動を起こしているので、彼らの意識にプラス(前向き)の思考エネルギーが入り込む余地がなくなっているのです。

ネガティブなことに時間を使うとポジティブなことを引き寄せなくなります。後ろ向きの思考をやめない限り、不幸な状態を抜け出せません。自分の不幸は自ら招いたものであることを自覚し、自分の手で人生の舵を切り直さなければ、過去に囚われた人生を送ることになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イメージは物質化する 「富」を無限に引き寄せる10法則 [ ボブ・プロクター ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

楽天で購入

 

前向き思考がクリエイティブなアイデアをもたらす?

問題の責任が、自分ではなく他者にあると思っている間は、成功できません。なぜなら、この世界で確実に変えることができる唯一のものは、自分自身だけなのですから。誤った考えにしがみついているかぎり、後ろを振り返り続けるしかありません。そして当然のことながら、後ろを向いていては、前に進むことはできないのです。

現在の自分が置かれている状態を認識したうえで、将来のゴールについてもう一度よく考えるのです。ネガティブ思考をやめ、未来の明るい自分をイメージしましょう。自分のゴールにしっかりと注意を向ければ、自分の行動を変えられます。後ろに目を向けると「できない」理由ばかりが見えてしまい、前を向いて期待していれば「できる」可能性が見えてきます。マインドセットを「できる」に変えるだけで、世界を明るくできるのです。

目の前の現実に心を悩ませているとしたら、それはその人自身の感情、物の見方、考え方を反映したものです。それらに心をとらわれていては、人生に大きな変化を起こすことは決してないと断言します。一方、現状は、自分が過去に抱いたイメージの結果にすぎないという考えの下、前向きに明るい未来を夢見て、自分が心から望む将来をイメージする人は、必ずやそれを実現することができます。

自信を持って前向きな人生をイメージし、それを実現することを確信するのです。そうすれば、周りの人や触れる情報を自分の味方に変えられます。過去(実績・経験)にフォカースすると、他者がすでにやったことにしか目がいかず、視点が限定されて、世界を広げることはできません。前向きに考えることで脳が必要な情報を見つけ出し、クリエイティブなアイデアを生み出せるようになります。

まとめ

過去に囚われているとネガティブ思考に支配され、思考や行動が制限されてしまいます。誤った考えにしがみつくのをやめ、自分の明るい未来をイメージしましょう。前向きに考えることでアンテナが立ち、結果をよくする情報や人に出会えるようになります。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

 

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント