ストア派はなぜ内省の時間を優先したのか?


Woman photo created by pressfoto – www.freepik.com

ストア派哲学入門 ──成功者が魅了される思考術
著者:ライアン・ホリデイ
出版社:パンローリング株式会社

本書の要約

1日の始まりか終わりに、ストア派の哲学者は日記を書き、内省の時間を持ったと言います。彼らは自分のしたことや考えたことを振り返り、記録していました。この習慣を取り入れることで、自分の行動を改善するだけでなく、何に集中すればよいかがわかるようになります。

1日を振り返る時間を持とう!

私は、絶えず自分自身を観察することにしよう。そして、その何よりの方法として、一日1日を振り返ることにしよう。というのも、この点でわれわれは間違いを犯すからだ。誰も自分の生活を振り返ろうとはしない。われわれは先のことなら少しは考えるが、将来の計画は過去から生まれるのだ。(セネカ)

道徳書簡集―倫理の手紙集で、ストア派哲学者のセネカは、兄のノウァトゥスにあてた書簡で、振り返りの時間を持つことの重要性を述べています。今日1日の自分の行動について自問する時間を持つことで、よりよい人生を生きられることにセネカは気づいたのです。
■今日1日、どんな悪い習慣を抑え込めただろうか?
■どんなふうによくなったか?
■自分の行いは正しかったか?
■どうすればもっとよくなるか?

1日の始まりか終わりに、ストア派の哲学者は日記を書き、内省の時間を持ったと言います。彼らは自分のしたことや考えたことを振り返り、改善点を探していたのです。

あのマルクス・アウレリウス自省録も、内省の時間から生まれたと言います。彼の習慣を取り入れることで、よりよく生きられるようになります。

君も自分の日誌をつけよう。コンピューターに保存しても、ノートや手帳に書きつけても構わない。意識して時間をとり、その日の出来事を振り返ろう。しんどい作業だろうが、手は抜かないように。幸せに感じたことは何か、逆に嫌だったことは何か、書き留めておこう。これからしたいことや、お気に入りの言葉も書きつけよう。そうやって考えたことを記録する癖をつければ、記憶にとどまりやすくなる。それから、こんなボーナスもある。自分が走ってきた道のり、その進歩を振り返る記録にもなるのだ。(ライアン・ホリデイ)

ストア派を研究する作家のライアン・ホリデイも、日記を書くことを推奨しています。毎日の振り返りを記録することで、自分の行動を改善するだけでなく、思考や行動を脳に刻めるようになります。

私も5年前から毎朝、感謝日記を書いていますが、この習慣によって、よりよい時間を過ごせるようになりました。その日に出会った人に感謝し、それを記録することで、1日を気持ちよくスタートできます。昨日の反省のもと今日を始めることで、感情をコントロールできるようになり、失敗を減らせるようになったのです。

ライアン・ホリデイの関連記事はこちらから

 

自分がコントロールできることに集中する!

自分にコントロールできるもの、できないもの「あるものはわれわれの力の内にあり、あるものはそうではない。意見や選択、欲求、忌避など、自らの意志が及ぶものはすべて、われわれの力の内にある。だが、肉体や財産、名声など、自らの意志が及ぼぬものはすべて、われわれの力の外にあるのだ。(エピクテトス)

私たちは自分がコントロールできないことに時間を使い過ぎています。日記を書くことで、自分にコントロールできることとできないことを区別できます。

自分の外側で起きる出来事はコントロールできないと理解することで、自分の気持ちを平穏に保てます。状況をコントロールすることはできなくても、自分の思考や感情はコントロールできるのです。

ライアン・ホリデイは外的なことに悩まされないようにすることで、1日を気持ちよく過ごせるようになると指摘します。

自分でコントロールできる範囲を心から理解すれば、世界の姿がはっきりと見えてくる。私たちの自由になるものは、自分の心だけなのだ。今日1日、自分ではコントロールできない外的なものに煩わされそうになったら、このことを思い出そう。

自分でコントロールできるものは何か?逆にコントロールできないものは何か?を考え、前者に集中するのです。あれこれ悩むのをやめ、本当にやるべきことに時間を使うことで、結果を出せるようになります。

朝と晩に、内省の時間をもち、自分がコントロールできるものを思い出すことで、正しい選択ができるようになります。夜、眠る前に内省の時間を持ち、眠りにつくことで気持ちが穏やかになり、よい睡眠を得られます。朝晩にこの時間を持つことで、自分のパフォーマンスを高められますから、ぜひストア派の教えを習慣として取り入れてみてください。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

 

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 ブログ アイデア クリエイティビティ ライフハック 感謝 感謝日記 文章 時間術 書く
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました