"田中道昭"

AI

田中道昭氏の2025年のデジタル資本主義: 「データの時代」から「プライバシーの時代」への書評

プライバシー規制強化の中で、GAFAに厳しい目が向けられています。中央集権型社会から個人の幸福にフォーカスする分散型フラット型社会にシフトする中で、日本企業にも再び飛躍するチャンスが訪れます。企業は人間中心主義を取り入れ、顧客と従業員を満足させる経営を行うべきです。
AI

アリババの次の一手を田中道昭氏の経営戦略4.0図鑑から学ぶ!

Arrow vector created by freepik - www.freepik.com 経営戦略4.0図鑑 著者・田中道昭 出版社:SB Creative 本書の要約 アリババはミッション経営を実現し、短期間で...
AI

田中道昭氏の経営戦略4.0図鑑の書評

世界の最前線を走るトップ企業の経営戦略の中には、NEXT(次の一手)が隠されています。GAFAやBATH、日本のトップ企業15社(キープレーヤー)の戦略を解き明かすこと、未来が浮かび上がってきます。ネットフリックスはサブスクリプション、AI、ビッグデータの3つを活用することで、成長を続けています。
AI

田中道昭氏のソフトバンクで占う2025年の世界 全産業に大再編を巻き起こす「孫正義の大戦略」の書評

ソフトバンクグループはAI群戦略を推進し、通信・交通・エネルギーを押さえる社会的プラットフォーマになる可能性が高まっています。ソフトバンクグループとトヨタを中心にした製造業が、デジタルトランスフォーメーションでつながることで、日本が「米中に次ぐ第三極」のポジションを得られるのです。
AI

田中道昭氏のアマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオの書評

アマゾン、アリババ、テンセントの三大金融ディスラプターは、顧客満足を最大化するために、金融ビジネスにも進出しています。顧客を喜ばす「新しい当たり前」を次世代金融産業に取り込むこれらのメガテック企業の素早い動きを見ていると日本は金融4.0の分野で完全に出遅れていることが理解できます。
AI

田中道昭氏のGAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略の書評

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)とBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)という最強のプラットフォーマーの事業形態と戦略を最新の情報を元に、田中道昭氏が独自の「5ファクターメソッド」で分析する良書です。特に現地取材に基づいたBATHの分析から多くの学びを得られます。
習慣化

田中道昭氏の「ミッション」は武器になる―あなたの働き方を変える5つのレッスンの書評

プロセスへと向かうこうした変化によって、われわれが作るすべてのものは、絶え間ない変化を運命づけられる。固定した名詞の世界から、流動的な動詞の世界に移動といく。今後30年で形のある自動車や靴といった物は、手に触れることのできない動詞へと変化...
Apple

アマゾン・エコーとアレクサのエコシステムの凄みを田中道昭氏から学ぶ。

エコシステムとは、プラットフォームをその中核や土台とするビジネス上の生態系や産業構造を表す言葉です。アマゾンのビジネスにおいては、アマゾン・エコーがプラットフォームとなり、アマゾン・アレクサがさまざまな商品・サービス・コンテンツを外部からも...
習慣化

田中道昭氏のアマゾンが描く2022年の世界の書評

アマゾン効果とは、もともとはアマゾンが従来から主たる事業領域としてきたECや小売業界に対する影響力を意味する言葉でしたが、アマゾンの影響力が増大するにしたがって、さまざまな産業や国の金融・経済政策にまで影響を及ぼしていることを意味するよ...
習慣化

田中道昭氏の人と組織 リーダーシップの経営学の書評

強い組織、生産的な組織にするために必要なことは、明快なミッション、ビジョン、バリュー、戦略です。中でも、もっとも根本であるミッションを明確にすることが、すべてにおける基本です。(田中道昭) photo credit: jur...
タイトルとURLをコピーしました