書評

スポンサーリンク
習慣化

ルイーズ・ヘイはなぜ美しいままでいられるのか?ライフヒーリングの書評

ヘイハウスの創始者、ルイーズ・ヘイのことを知ったのは パム・グラウトのこうして、思考は現実になる(2)を読んでいた時です。 世界でもっとも美しい88歳というフレーズが気になり、調べてみました。 ルイーズ・ヘイの両親は彼女が...
習慣化

すべては「前向き質問」でうまくいく 質問思考の技術/クエスチョン・シンキング (マリリー・G・アダムス著)の書評

素敵な言葉を使うこと、良い質問をすることが人生をよくする鍵になりそうです。 いろいろな自己啓発書で書かれていることをまとめると ■目標を持ち、それを意識する。 ■良い言葉を使う。 ■自分がアクションできるような質問をする。 ■良い...
習慣化

パム・グラウトのこうして、思考は現実になる(2) 今日から言葉をポジティブに変えよう!

先日のブログに引き続き、パム・グラウトのこうして、思考は現実になる(2)について書きます。 今日は実験7の予言者の命題で、言葉の使い方について考えてみましょう。 パム・グラウトの視点、ワールドビュー2・0においては 豊かさや喜びを...
習慣化

思考は現実化する(ナポレオン・ヒル著)の書評 Kindle版がリリースされました!

「人は自分が思い描いたような人間になるという。すなわち思考は現実化する」で 有名な思考は現実化する(ナポレオン・ヒル著)が いよいよKindleば版でリリースされました。 こういった名著が電子書籍でも読めるのは、嬉しい限りで、早速購入...
習慣化

なぜ、いつもと違う1日を過ごそうと意識するのか?どしゃぶりの日にすると、うまくいく。(中谷彰宏著)の書評

朝起きた後に私が習慣化していることがいくつかあります。 ■昨日1日を振り返り、感謝の気持ちを持つ。 ■今日1日を幸せに過ごすと決めながら、笑顔になる。 ■今日会う人を思い出し、良い会話をイメージする。 ■小さなことでも良いので、いつ...
習慣化

幸福の習慣(トム・ラス&ジム・ハーター著)の書評 人はどうしたら幸福になれるのか?

人はどうしたら幸福になれるのでしょうか? その問いかけに答えてくれる良書が 最近、読んだトム・ラス&ジム・ハーター著の幸福の習慣です。 本書は、調査会社のギャラップが50年以上かけてきた調査の集大成になっており この本を読めば、幸せ...
習慣化

パム・グラウトのこうして、思考は現実になる(2)の書評 ジェームズ・コステロの思考法を真似よう!

先ほどのブログに引き続き、パム・グラウトの こうして、思考は現実になる(2)について書きます。 この本は、実はロンダ・バーンの一連のシリーズと考えが近く 今、自分が生きていることに感謝すること 今日が最高だと思うことで、世界を味方に...
習慣化

パム・グラウトのこうして、思考は現実になる(2)の書評 物語の有効性とブログの関係

昨日のブログに引き続きパム・グラウトの 新刊こうして、思考は現実になる(2)の書評を書いていきます。 自分の人生は望んだり、意識したりすることで 見える世界がまるっきり変わってきます。 見たいものをリスト化することも、多くの情報の中...
習慣化

パム・グラウトの新刊こうして、思考は現実になる(2)の書評

パム・グラウトの新刊こうして、思考は現実になる(2)には 意識の可能性を広げることが人生を変えるキッカケになると書かれています。 人間の無知が、問題と恐怖だけに注目する世界観を生み出した。私たちは、まだ起こってもいない問題から自分の身を...
書評

人生の目的~自分の探し方、見つけ方~(本田健著)と富山朝活との共通点

人生の目的~自分の探し方、見つけ方~(本田健著)には 人生を変えるためには友達のつきあいを変えるべきだというアドバイスがあります。 「あなたがつきあう30人が人生を変える!」という言葉が紹介されていますが 本当に仲間によって、思考や行...
スポンサーリンク