明日の自伝発売が楽しみだ!Steve JobsのAndroidへの敵意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

明日、10月24日にいよいよ紙&電子書籍で発売される
スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ II
相当、面白そうで、明日のリリースを楽しみにしています。

ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson)が書き下ろしたこの自伝は
取材嫌いのSteve Jobsが唯一公認し
かつ、協力したものですから、相当奥が深そうです。
Steveが先日、惜しまれながら亡くなっていますので
本人公認の自伝はこれが最初で最後になります。

さて、その自伝のリリースが明日になって来たタイミングで
書籍の内容が明らかになってきています。
特にこの話、Androidへの敵意が面白かったので
Japan Internet comから以下引用します。

SteveはWalter Isaacson氏に対し
Android OS は Apple の iOS に酷似していて
GoogleがAppleの技術を盗んだと伝えていたそうです。
そして、次のSteveの発言で彼の怒り心頭の様子がよくわかります。

「私は、Android を叩き潰すつもりだ。
Android は(Apple のiOSから技術を)盗んだ製品だからだ。
そのためなら核戦争だっていとわない。
この不正を正すのに必要であるなら、
人生最後の日々をすべて使っても、
銀行にある Apple の400億ドルをすべてつぎ込んでもかまわない」

核戦争だっていとわないという表現が凄すぎます。
GoogleとAppleはAndroid OS発売までは、蜜月時代が続いていました。
Google の CEO だった Eric SchmidtはApple の取締役を務めていて
お互いの発言も相当良好でした。
しかし、Google が Android を2007年11月に公開した後は関係が悪化し、
2009年8月にはEric Shmidt はAppleの取締役を辞任しました。

その後、USではiPhoneのシェアがAndroidに抜かれ
販売台数でもサムスンGALAXYの後塵を拝す状態となりました。
OSはAndroidに、デザインや仕様はサムスンにパクられたSteveは
怒りを司法の場にもぶつけていきました。
Androidの主要メーカーサムスンとAppleの訴訟合戦が今も続いています。

自分の開発したインベーティブなiPhoneやiPadが
Google陣営によって、次々「改善」されていった事が
Steveには本当に盗用に見えて、許せなかったのですね。

明日、発売のWalter Isaacsonの著作
スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ IIには
Steveの赤裸々な発言が相当有りそうです。
私はSteveに敬意を評すために
今回は彼の発明したiPadで読もうと思います。
明日、早速DLして読み始めますので
また、書評を書かせていただきます!!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る