廉価版iPhoneの続報!でAppleの強さを改めて知る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

iPhoneの廉価版が新興国向けにリリースされるとこのブログでもご紹介しましたが
早くもAppleのマーケティング担当SVP Phil Schillerが否定しています。
ニュースは上海イブニングニュースでのインタビューがネタもとです。

当初はSchillerの個人的な見解だと言われていましたが
Appleの公式な考えだということをTNW
Apple won’t blindly chase market shareとして続報で伝えています。

インタビューのポイントはiPhoneの廉価版バージョンを出して
マーケットシェアを拡大することには関心がないということです。
Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は、廉価版「iPhone」が登場すれば
5億人のユーザーを獲得できる可能性があるとの予測を示したこともあり
マーケット拡大にAppleがシフトするのかと私も思いました!
しかし、AppleはやはりAppleで強力な単一商品のiPhoneで勝負を続けるようです。
 インタビューの中でのこのコメントにパワーを感じます。

“Despite the popularity of cheap smartphones, this will never be the future of Apple’s products. In fact, although Apple’s market share of smartphones is just about 20%, we own the 75% of the profit.”

「安いスマートフォンの人気があってもAppleは廉価版のiPhoneを将来リリースしないスマートフォンマーケットでAppleのシェアはわずか20%程度であるが、実際には、我々は利益の75%を所有している。

マーケットでシェアをとるのではなく、製品に共感してくれるユーザーから
しっかりと利益を稼ぐという考えはスティーブのマインドが継承されている証拠ですね。
Appleのマーケティング戦略は本当に勉強になりますね。

新刊 乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中!
キーマンズネットのアプリ記事連載です。(12月17日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  ;

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る