今に感謝することが幸せになる秘訣。ジョー・ヴィターレのザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則の書評  #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジョー・ヴィターレザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則には
現状に満足することが幸せにになれる秘訣だと書かれています。
欲しいものを手に入れたら、つい「つぎ」が欲しくなり
それを手に入れると、また、その「つぎ」が欲しくなります。
永遠に満足しないスパイラル地獄に陥ってしまい、決して幸せになれないのです。

多くのひとは、それが永遠につづく幸せをもたらしてくれると考えています。それは大きなまちがいです。「つぎ」を手に入れたとたん、また新たな「つぎ」が必要になり、いつまでたっても満足することはないのです。幸せは、いま満足することによってのみ得られます。いまに十分満足しながら、遊び心でさらに求めるのです。必要だからではありません。依存からでもありません。よって執着もありません。あるのは、いまの状態に対する感謝だけ。そのうえで、さらなる幸福を歓迎するのです。

幸せは今に感謝することからのみ得られと思うと意識を変えられます。
未来に多大な期待をするのではなく、今を一所懸命に生きるのです。
その結果、新たな幸せが手に引き寄せられるのであれば、それを歓迎するとよいと
ジョー・ヴィターレザ・キーに書いています。
この意識のマインドセットはなかなか難しいのですが
今に感謝することを心がけたいと思います。

あなたはおそらく、こんなに支払いに追われていては、あるいは、こんなに体が痛くては、こんなに心配ごとがあっては、とても感謝の気持ちなどもてない、と思っていることでしょう。しかし、だれにもかならず、なにかしら感謝できるものがあるはずです。結局は、それを見ようとするかしないかの問題です。たとえば、この本に出会ったことに感謝してもいいのです。頭の上に屋根があることに感謝してもいいのです。あるいは、友達に、いま座っている椅子に、命があることに。なにに対してでもかまいません。まずは感謝の気持ちをもつことです。なぜなら、それこそが奇跡を呼び寄せるいちばんの近道だからです。さらにいえば、感謝の気持ちをもてば、奇跡がもうすでにはじまっていることに気づくはずです。

何にでも感謝できると思うと、気分は変わります。
今、こうやってブログを書けることも幸せだと思えるのです。
多くの発展途上国や独裁国家の人は書きたくても書けない現実があるはずです。
彼らは貧困や不自由といった理由でアウトプットすらできないのです。
私たちはおいしい食事を食べられたり
学ぶこと、楽しむなど多くの体験ができる日本に
生まれてきたことを感謝すべきなのです。

また、本書で以下のソクラテスの言葉を読んで
自分のマインドを変えなければと改めて思った次第です。
「いまもっているものに満足しない者は、ほしいものを手に入れても満足はしない」
今に感謝できるようにマインドセットを変えて、それを習慣化したいと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
ジョー・ヴィターレの関連記事
ジョー・ヴィターレの関連記事②

  
Photo Credit
スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る