5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?(ダン・ゼドラ著)の書評

習慣化

マズローの名言が赤い表紙に書かれていて、印象的なのが
5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?(ダン・ゼドラ著)です。
先日この5の続編の7(セブン)1週間のうちに何日を特別な日にできるだろう?
読んだのですが、こちらの5 (ファイブ)も読みたくなり、早速購入しました!

人生は何のためにあるのか?それはあなたのため。(アブラハム・マズロー)

美しきデザインされたこの書籍で数々の名言を眺めているうちに
人生の目的やそのヒントが見つかるはずです。
定期的に本書を眺めると良いと思います。
スクリーンショット 2015-01-12 10.54.43
私も8年前に断酒するまでは人生の目的がはっきりしませんでした。
ある意味お酒を飲むことが人生の目的だったのです。
しかし、それは時間とお金と健康の無駄遣いにしか過ぎず
自分の人生をひとつひとつ棚卸ししたのです。

人生は毎年、ざまぎまな方法でわたしたちの前に姿をあらわし、抱えきれないほどの贈りもの、驚き、チャンス、そして冒険をわたしたちに差し出している。しかし、これほどの可能性に取り囲まれていながら、わたしたちはそのごく一部しか、見ようとも、受け取ろうともしていない。ほとんどの人は、「しなければならない」と思い込んでいることにかまけて、自分が本当にしたいことをいつまでも先延ばしにしている。(ダン・ゼドラ

人生は自分で変えると決意した日に良くなり始めます。
私の場合は、それが2007年の7月1日で
完全にお酒との生活にサヨナラを告げたのです。
フォーカスするものを変えれば、見えてくるものは変わります。
お酒ではなく、私は自分を成長させるモノや人に
フォーカスする対象を変えたのです。

あなたの人生最良の日は、「自分の人生は自分のものだ」と決めた日だ。他人を頼るのも、当てにするのも、責めるのもやめよう。人生は、あなたに与えられた宝物一すばらしい旅だ。もちろん、この旅の質に責任を負っている人は、あなたをおいてほかにない。あなたの人生は、あなたが下す選択によって決まる。だから賢く選択しよう。最初のステップは、あなたを導いてくれる、もっとも重要な2つの星ー価値観とミッションを定めることだ。(ダン・ゼドラ

私の中でお酒中心の人生から、やりたいことをやる人生に
価値観が完全にシフトしたのです。

価値観を定める:価値観とは、自分の人生にとって重要なものとそうでないものを見分けるためのものさしだ。自分がもっとも高い価値を置いているものにしたがって生きている人は、人生に深い満足と意義を覚えるようになる。基本的価値の例:家族、友情、健康・富・学習、持続可能性、キャリア、コミュニティ・信仰・誠実ざ、芸術、自由な時間、創造性、冒険、愛。

未来や家族や仲間を大切に思うことで、やるべきことが見えてきました。
自分がインプットしたモノをアウトプットすることで
他者に貢献すると決めたのです。
自分の考えをアウトプットすることで、私は多くの引き寄せを手に入れたのです。
大きな目標を設定しても、小さな行動を継続していれば
いつの間にか夢が実現し始めます。
例えば、本を出すためには、このブログを日々更新してくことで
出版社や編集者を引き寄せられることに気づいたのです。

たいていの夢は、最初は絶対に無理たと感しられるものだ。そのうちに、ありえなくもないという気がしはじめ、くりかえし思い起こしているうちに、実現しないはずがないと思えてくるのである。(クリストファー・リーヴ)

潜在意識にビジョンボードを使って、夢を刷り込んでいくと
いつの間にか夢が実現していたりもします。
一人では無理なことだったのに、
良い仲間を引き寄せると彼らのサポートのお陰で
目標が近づいてきたりもします。

わたしがくだした最良の判断のひとつは、「なぜやるの?」ではなく、「なぜやらないの?」と即座に言ってくれる人々とつきあうようにしたことです。こうした態度は伝染します。(オプラ・ウィンフリー)

オプラのように人生を変える同士を見つければ、
毎日が楽しい日々になることでしょう。
スクリーンショット 2015-01-12 18.18.07
素晴らしいデザインの中に良く生きるためのヒントや質問が隠されています。
最後に初めてのことをやったのはいつ?」なんて質問を読むと
アクティブに動きたくなります。
何度も5 (ファイブ) を何度も読み返すことで
自分の人生のゴールが明確になり
やるべきアクションが見えてくるはずです。

5 (ファイブ)そして7(セブン)を自分のために上手に活用すれば
間違いなく2015年をよい年にできることでしょう!

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

    

Loading Facebook Comments ...

コメント