テンセントQQがKDDIと提携!中国10億人が使うというサービスが 登場。

ブログ

中国ソーシャルメディアのSina Weibo(新浪微博)に関しては
私のブログでも何度か書いていますが
最近、日本企業や自治体の利用が増えてきています。
中国人のインバウンドマーケティングにSina Weibo(新浪微博)が最適という話が
私の周りでもよく聞かれるようになりました。
中国は最近では、実は隠れたソーシャルメディア大国で
日本のサービスよりもよほど充実しているかもしれません。

中国ではチャットもスカイプも進んでいて、相当利用されています。
QQというサービスは現地でなんと10億人のユーザーに使われているということです。
実際、アクティブユーザーも5億人いると言われていて
日常のコミュニケーションツールになっていて
名刺にQQの番号を入れるのが当たり前で、 ビジネスにまで使われているそうです。
QQを経営しているのが、騰訊控股(Tencent Holdings/テンセント)
香港マーケットにも上場している中国の有名企業の一社です。
そのQQが日本企業のKDDIとの提携を発表しました

KDDI と中国大手 SNS 事業者の騰訊控股(Tencent Holdings/テンセント)
一昨日の2月14日、au スマホ向け無料チャットアプリ
「モバイル QQ for au」の提供を開始しました。
au Market で無償ダウンロードできるとのことです。

モバイル QQ for au の利用者は QQ 番号、ニックネーム
メールアドレスで友人を検索・追加し、チャットがすぐにできるそうです。
つぶやきや写真アップロードといったのテンセントのウェイボー機能、
日本人向けの中国情報サイトのリンク集なども用意されています。
中国人とのコミュニケーションツールQQKDDIのような大企業が
使える環境にしたことは意味があると思います。
中国人とのビジネスにソーシャルメディアをというムードが
日本でも今回の提携で、より加速するかもしれません。

Follow Me on Pinterest
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました!

Loading Facebook Comments ...

コメント