iPod touch(第6世代)を早速買ってみました。

Apple

スクリーンショット 2015-07-18 15.21.15

新しいiPod touchが発売されたので、購入しました。
iPhone6PlusのMusicアプリの容量がオーバーしてきたために
iPod touchを検討していたのですが
久々に新製品がリーリスされたので早速、Getしました。
容量は128GB(48,800円)のスペースグレイを
Apple Online Storeから購入しました。

iPhone6Plusをしばらくは音楽プレーヤーとして使っていたので
iPod touchのサイズがとても小さく見えます。
重さもiPhone6Plusが172gと半分程度ですから、携帯が楽になります。
スクリーンショット 2015-07-18 15.29.15

また、3年ぶりのリニューアルなので、機能面も充実しています。
今回、iPhone6と同じ64ビットアーキテクチャ搭載A8チップと
M8モーションコプロセッサを搭載したことで、高速化を果たしました。
(今回発売の第6世代は、CPU性能で第5世代比で、なんと6倍になっています!)

カメラは第5世代の500万画素から今回800万画素になっていますが
こちらはiPhone 5cと同じカメラユニットが採用されているようです。
スクリーンショット 2015-07-18 15.22.15

フラッシュメモリは16GB/32GB/64GBに加え
今回Apple Storeだけで売られる128GBモデルが追加されています。
この128GBが私にとっては意味がありました。
膨大な楽曲を一度に持ち運びたいという欲求を
今回の第6世代が満たしてくれたのです。
前回、iPod classicが製造中止になる中で
この128GBモデルが音楽マニアから支持されそうです。
スクリーンショット 2015-07-18 16.10.22

また、先日リリースされたApple Musicにも対応していますから
Wi-Fi環境があればストリーミングによる多彩なプログラムを楽しめます。
まさに、Apple Musicのリリースとほぼ同時に
iPodの第6世代がリリースされたのにも、Appleの戦略性を感じます。

バッテリーはリチウムイオンを内蔵しており、連続再生時間は最大40時間となっていますから
充電を一日しなくても安心して、音楽を楽しめます。
今までは、iPhoneのバッテリーが切れると大好きな音楽が聴けなくなり
何度も寂しい思いをしてきましたが、今後はそういった心配がなくなります。
AppleはiPodファンを見捨てなかったという点を私は評価したいと思います。

今回の第6世代のiPod touchは、ガラケーユーザー、アンドロイドユーザーだけでなく
iPhoneユーザーもターゲットにした進化した音楽プレーヤーとして位置付ければ
Appleのユーザー拡大の野望が見えてきます。
iPod touch(第6世代)を多くのオタクに使ってもらえればと思い
今日は記事を書きました!(オススメです。)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

Loading Facebook Comments ...

コメント